2020年7月7日

2つのオススメ

※はじめての方はこちらをどうぞ 16の質問
※過去のタイトル一覧はこちら タイトル一覧
※マスターが直接助言する企画はこちら 自分磨きの再挑戦

------------------------

(読了目安7分)人気ブログランキングへ

今回は2つの「オススメ」です。
マスターは、この2つは人生が豊かになるイベントだと思います。
しかし、やらなければ幸せになれないということではないので、あくまでも参考程度に読んでください。
少し長めです。



◎共同生活のススメ

数名で共同生活をしていると、それぞれなにが得意でなにが不得意かということがわかります。
お互いに不得意な分野を補うことができれば、そのグループは「グループの長所」を発揮することができ、人数分以上の力を出すことができます。
つまり、「1+1=3以上」という状態です。
「3本の矢」の話にあるように、たとえ1人1人は弱い存在であっても、3人が協力すれば大きな力を発揮できるわけです。
余談ですが、故志村けんさんは、3本の矢が折れてしまうコントをやっていましたね。
あれはおもしろかったですが、現実にある話なのでさらに深みがありました。


マスターは、体験学習で来た日本人女性を中心に、延べ400人以上と共同生活をし、今も継続中です。
調理師・心理学者・占い師・教師・栄養士・保育士・医師・清掃員・広告業・ハイヤー運転手・自衛官・音楽家・芸術家・航空管制官・飲食チェーン店店長・和食職人・看護師など、多くの職種の人と関わりましたが、それぞれ自分なりの悩みを持ち、それぞれの方法で幸せを探していました。
「みんな悩みがある・幸せを追求している」ということがわかっただけでもマスターにとって意義のあることでしたが、そんな人たちの悩みを解決するために、悩みの原因を考えたり、助言をしたりしているうちに、新しい考え方やマスターの得意分野・不得意分野が見えてきたことも収穫でした。
「他人との価値観の違い」については大きな壁でしたが、「大人の愛は先払い」「信じていいのは人間の不完全性」「思い通りにならないということが思い通り」など、このブログの内容を生み出す力になりました。
体験学習のホストを始めて13年が過ぎ、子供たちも中学生になりました。
今も共同生活を通して、自分を見つめる毎日を過ごしています。


共同生活は、「お互いの長所短所が見えてくる」「お互いに協力し助け合える」などの利点がある一方、「価値観の違い」が生み出す苦労も多く、楽しいことばかりではありませんが、「人の成長」という意味ではとても意義のあるものです。
ですから同棲やシェアハウスでの生活は、結婚生活の前の「練習」として自分を鍛えるのにも有効です。
共同生活をするかどうか迷っている人は、一度体験してみるのもいいかもしれません。




◎バイクのススメ

「3密」を避けて行動することが求められる現在、移動手段として「密」に縁がないものが「バイク」です。
特に、女性が乗ると、カッコイイと思います。

以下、長所と短所をまとめてみますね。

長所:
電車やバスでは「密」を避けることができませんし、マイカーでも、2人以上乗った場合は密を避けるために窓を開けておく必要があります。
しかしバイクなら密閉されることなく、たとえ渋滞でも他人まで数メートルの距離を保つことができます。
「自分しか乗らない(他人が触らない)・手袋をする(素手で乗らない)」など、衛生面でも優れています。
バイクに2人乗りの場合は数十センチの近さですが、屋外で、移動中は常に風が吹いていますし、各自ヘルメットを被っているので、移動中の飛沫感染は避けられます。
維持費も安くて終電の心配もなく、お酒の誘いを断る口実にもなります。
それから、一度バイクウエアを買えば、当面は服を買わなくていいんです。
着る服が決まっているということは、服を選ぶ時間が節約でき、しかも周囲から見るとカッコいいんです(「バイク女子」などで検索してみてください)。
車の運転に自信がなく「物にぶつけたり人をひいてしまったら・・・」と思っている人でも、バイクなら「加害規模」も大幅に少なくなります。
趣味性が高いこともあり、車よりたくさんの友達ができることや、他人任せではなく自分の判断で移動するので、自主性も養われ人生が変わります(お酒の席での出会いよりは質が高いと思います)。


では箇条書きで長所をまとめます(個人的な意見も入っています・・・)。
・3密を避けられる
・目的地まで他人の物に触ることなく、他人からも触られない
・目的地まで手すりやドアノブなどに触らない
・維持費が安い
・服を選ばなくていい
・たくさんの服を買わなくていい
・お酒の誘いを断れる
・機動性が高い
・交通費が安い(150円で20~30キロ走れる・東京⇔横浜のガソリン代が300円以下)
・終電を気にしなくていい
・小回りが利く(道に迷っても大丈夫)
・駐車時に接触事故を起こさない(大きな自転車のような感覚で駐車できる)
・カッコイイ
・目的地と目的地を点で結べる(3密回避を理由にバイク通勤の申請が通りやすいかもしれません)
・車より小さいため加害規模も小さい
・仲間ができやすい
・旅が似合う
・人生が変わる
・スポーツの要素もある




短所:
短所についてもしっかり書いておきますね。
バイクの短所・・・それは、「雨と寒さ」「運転が難しい」「交通事故では自分が犠牲になる」「大きな荷物が運べない」などです。
雨と寒さは「雨具と厚着」で回避できますが、装備が甘いと苦労することがあります。
バランスをとることが必要な乗り物のため、極低速で倒れやすく、高速では4輪とは違った種類の注意力が必要になり、ちゃんと運転しようと思うと4輪より難しい面があります。
実際レース業界では、4輪出身者が2輪のレースで勝つことは少なく、2輪出身者は4輪のレースでも優秀なんだそうです。
「自分が犠牲になる」というのは、裏を返せば「他人を傷つけなくて済む」ということでもありますが、やはり自分の身の危険があります。
当然ですが、4輪と比較して荷物の積載量は少ないです。
長所と短所を比較して、長所が勝ると思ったら検討してみるのもいいかもしれません。


箇条書きで短所をまとめますね。

・装備が甘いと雨で濡れることがある
・装備が甘いと寒い
・転倒すると自分がケガをするリスクがある
・MTのバイクの運転は慣れるまで練習が必要
・大きな荷物を積めない


ということで、「なにかやりたい!」と思っている人は、長所と短所を充分に検討したうえで、バイクに乗ることも検討してみてください。
ネットワークビジネスや資格、検定などに数十万円使うよりは、人生の幅が広がると思います。
「数十万?そんなお金なんかない!」と思うかもしれませんが、ちょっと考えてみてください。
もしみなさんが服とお酒と交通費に毎月3万円使っているなら、バイクに乗ればそれらの費用がかなり減りますから、免許を取ってバイクを買うことはできてしまうんです。
また、今年、新型コロナウイルスの影響で長期の海外旅行をキャンセルした人は、バイクの免許を取って国内旅行を楽しむのもアリだと思います。
少なくとも移動中は新型コロナウイルスにおびえることなく旅行を楽しめるはずです(マスターの店に立ち寄ってくれた時はコーヒーをごちそうします)。


毎月の服代・飲み代・交通費で自分のバイクが買えます
(それに気づいた後輩スタッフ)



以上、2つのオススメでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在2位です。
一日一回、応援のクリックをいただけたら嬉しいです。





妻をSNOWで撮影
(みなさんもご存じのように、若く写ります)


インスタ用に撮りました

日中買い物に行きました

マックスバリュで血圧測定
(生活習慣の改善が必要なようです・・・)


・・・


先日知ったんですが、新型コロナウイルスによる巣ごもり生活の影響で、「ペット(主に犬猫)」の売り上げが伸びているということです。
ペット用のケージの売り上げが前年同月比の3倍なんだそうですが、ペットを飼うということは、「命を預かる責任とセットになる」ということです。
以下はペットに関連した記事として「ネコカフェ経営者失踪」の記事です。
世の中には、ネコが好きでネコカフェを経営する人と、ネコを利用してお金を稼ごうとする人がいます。
失踪した経営者は、後者のタイプです。
https://www.j-cast.com/2017/06/30302147.html?p=all