2019年10月21日

利己主義

※はじめての方はこちらをどうぞ 16の質問
※過去のタイトル一覧はこちら タイトル一覧
※マスターが直接助言する企画はこちら 自分磨きの再挑戦

------------------------

(読了目安3分)人気ブログランキングへ

みなさんは自分のスマホを持っていますよね。
スマホの完成には、「設計・素材・製造・流通・通信」など、
それぞれの会社が自分の得意分野を駆使し協力しあう必要があり、
気が遠くなるような知恵の連携が必要です。
もし関係者が自分だけの利益を追求し、人を騙したりしたら、
騙した人が少しの「現金」を手に入れるだけで、スマホは完成しません。
人類全体から見たら、スマホが完成しないことは大きな損害です。
自分さえよければいいという利己的な行動が、
スマホ完成までの努力の足を引っ張るわけです。


では、「人間」のことを思い出してみてください。
他人を騙して目先の利益を追う人がいます。
他人を騙して目先の利益を追った場合、
騙した人が少しの「現金」を手に入れるだけで、
人が本当に求めているもの、「愛」には近づけません。
自分さえよければいいという利己的な行動が、
人類全体が愛に近づくための努力の足を引っ張るわけです。
利己の代表的な一例が「紛争」です。
たとえば国の内紛は、権力者やその周りの「利己」から始まり、
やがてその原動力が「憎しみ」になり、破壊し合い、国全体を弱体化させます。
弱体化した国は、憎しみや悲しみで満たされ、難民を生み、
難民たちは悲惨な生活を強いられます。
国は対外的にほとんど無力になります。
そして国民は、一(いち)から出直しです。
こんな国に「スマホ」を作り出す力があるでしょうか。
もしみんなが協力し合って愛に近づこうと努力すれば、
その国は世界屈指の大国になり、国民が難民になることもなかったはずです。


「大人の愛は先払い」というのは、

自分がされて嬉しいことを他人にする
自分がされてイヤなことを他人にしない
約束を守る
ウソをつかない

などが超基本です。
これらが実践できないなら、それは「利己」です。
目先の利益のために上記を実践できない人は、自分の価値を下げるだけでなく、
人類全体が愛に近づくための努力の足を引っ張ります。
「利己」は破壊と衰退の原因になり、なにも生み出しません。

利己主義だと、誰も愛に近づくことができない。

利他主義だと、みんなが愛に近づける。

これを忘れないようにしましょう。



余談:
こんなことがあったんですってね。
<TBSの2番組がヤラセが原因で打ち切り>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000348-oric-ent
ヤラセは昔からよくあり、こんな事件が繰り返されています。
これも、目先の「視聴率(現金収入)」に目がくらんだ人がやったことです。
番組制作会社の数十万円の利益のために、テレビ局の信用だけでなく、
テレビ業界そのものの信用を落とすことになります。
番組制作会社が数十万円の利益のためにこんなことをするのは、
社長が「飲み代」を稼ぎ、若い女の子たちにチヤホヤされ、
奥さん以外の女性とセックスしたいからです。
もし社長が、家族や社員を愛していたら、不正行為をしませんし、
不正行為をしなければ成り立たない仕事などやりません。
「社員のためにやむなく」という社長の言葉があったとしたら、それはウソです。
自分の性欲を満たすために計画的にやっただけです。
不正行為には「利己」が深くかかわっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在4位です。
一日一回、応援のクリックをいただけたら嬉しいです。

4位ですが、「週間IN」というポイントが410です。
400を超えることはあまりないので嬉しいです。
応援ありがとうございます。



台風や大雨という情報もあったので、お客様はほとんど来ないだろうと思っていたら、
なんと午前中は記録的な混み方でした・・・
明日が休みで4連休をとっている人も多いんですね。



新しいベンチを作ったので、古いベンチの解体です

スタッフに作業を教えながらゆっくり進めました

妻は植物の面倒をみます

昼過ぎ
MT車に乗る常連さんが来店し、運転させてもらいました

スタッフたちも連れて近所までのプチドライブです
スタッフたちが見ている岩には・・・

「釣り」をしている人が

常連さんの車はいろいろいじってパワーアップしていました
来年あたりもう一段階グレードアップするそうです

こっちが新しいベンチです

夕食の食卓には・・・

新型オムライス
(オムレツを作るのに失敗しました・・・)

今日はお客様が多かったため在庫が少なくなり、買い出しに行きました