2018年7月9日

結婚系の短編10話

※はじめての方はこちらをどうぞ 16の質問
※過去のタイトル一覧はこちら タイトル一覧

---------------------

(読了目安5分)人気ブログランキングへ

結婚系の短編です。
結婚を考えるときのヒントにしてください。



◎尊敬

女性のみなさんは、尊敬できる男性と結婚したいですよね。
男性は、「若くて美しい女性」と結婚したいと思っていますが、
同時に、尊敬できる女性(知恵のある女性)であることも望んでいます。
「遊び相手」としてなら、外見さえ美しければいいんです。
でも、結婚するなら、「尊敬できる女性」と結婚したいんです。


「尊敬」は、「憧れ(あこがれ)」とも似た感情です。
あなたはきっと、誰かに憧れているとき、幸せな気分になっているはずです。
ですから、あなたがもし誰かから「あなたに憧れます」と言われたら、
それは人を幸せにしているということです。
自分が憧れの対象になるということは、愛なんです。


自分が「尊敬」や「憧れ」の対象になると、人を幸せにし、自分も幸せになれます。
あなたは今、尊敬や憧れの対象になる努力をしているでしょうか?



◎結婚したいけどできないのは

「結婚したいけどできない」と言う女性のほぼ100%が、
目先の快楽に飛びついてしまい、自分を鍛えようとしていません。
そのことに気付くかどうかで人生が変わります。



◎ウソと価値

「彼氏を作りたい、結婚したい」という目先の利益のためにウソをつくと、
後になって自分の価値がどんどん下がります。
下がった価値を回復しようとして、さらにウソで固めると、どうしようもなくなります。



◎一生独身?

子供がいて、離婚経験がある60歳の女性が、
「独身の方が気楽でいいわよ」なんて言うのは聞いたことがありますが、
60歳で「生涯独身で子供がいなくてよかったわ~」なんて言う女性はほとんどいません。
今、独身で楽しくやっている女性も多いと思います。
しかし、60歳でもその調子でいけるでしょうか?
両親が生きていれば当然娘の行く末を心配しますし、
すでに子供だけでなく、孫がいる同級生が半数を超えているはずです。
いつも書くように、現在地球上に生きている人間は、人類の歴史の最先端です。
とても楽しくて結婚しないならそれがなによりですが、
「結婚したいなあ・結婚したら楽しいだろうなあ」と思いつつ結婚しないなら、
それは後悔の原因になると思います。
「一生独身」でも、それを楽しむのか、仕方なく独身なのかで、
人生の充実感は違ってくるはずです。



◎結婚の目的

ケンカをするために結婚するはずはないですよね。
お互いに愛をそそぐために結婚するんです。
まず2人がお互いをフォローし、余力があれば周囲にも愛をそそぐ、
これが結婚の目的です。
「愛をそそぐ」と誓って結婚し、ケンカをしている夫婦をよく見かけます。
ケンカしているのを見るのって、なんだか気分良くないですよね。
その夫婦に子供がいたら、将来どんな大人になるんでしょうか。
結婚の目的は、「愛をそそぐため」です。
愛を学ぶためと言ってもいいかもしれません。


地球上にその2人だけしかいないなら、結婚という概念は必要ありませんよね。
現実的な理屈で言えば、結婚の主な目的は「効率的な子孫繁栄」です。
そのために「周囲へのアピール・宣言」として、結婚するんです。
単に「一緒にいたい」という理由だけなら、同棲すればいいんですしね。
両親を安心させたり、社会制度を利用できるようになったり、
「ジャマしないでよ」とアピールしたり、「大人・一人前」の象徴だったり、
社会から信用されたりして、同棲と比べ、より子育てがしやすくなります。



◎もらうかそそぐか

愛をもらうために結婚を選んだなら、その結婚はやがて破綻します。
愛をそそぐために結婚を選んだなら、その結婚は長く続きます。



◎プロポーズの言葉

「オレが幸せにしてやる」・・・こんなプロポーズの言葉を真に受けたら幸せになれません。
幸せは自分の責任で手に入れるものです。
このプロポーズの言葉を真に受けるのは、幸せを他人からもらおうとする受身の考えの女性です。
やがて「アンタが幸せにしてくれるっていったから結婚したのよ!幸せにしてよ!」が始まります。



◎1+1=3

結婚(夫婦)とは、1+1=3以上の人間関係です。
夫婦で協力し合うことで、3人分以上の力を発揮するのが結婚です。
でも実際は、足を引っ張りあい、1+1が1以下になっている夫婦も多くいます。
お互いに傷つけあい、二人でいることが1人分の力以下になっているなら、
その夫婦は人類にとって負担になっています。
「自分も相手も周囲も楽しい」、これが愛です。
愛が欲しいなら愛をそそぐ必要があります。
愛をそそぐ人生をもう一度始めてください。



◎結婚のための教材

マスター的にヒットだった話をしますね。


「結婚するための教材」の話です。


そのプログラムは、

「これをやると、すぐにイケメンの高収入の男性から
プロポーズされる!」

というもので、本とDVDのセット商品です。


その会社のHPには、

「あなたの家族に内緒で教材を送ります」

とありました。
値段はなんと驚きの29800円!(どう驚いていいのかわかりませんが)、です。

「このメソッドは大変素晴らしいものなので、
すぐにみなさんにお知らせしたいんです。
今ならなんと29800円でお分けします」

みたいな文句なわけです。
全部は読みませんでしたが、これを信じて教材を買う人がいるのは事実なんでしょうね。


「イケメンの高収入の男性と結婚」という宣伝、そしてそれに賛同する顧客・・・
この段階で愛から離れているということにみなさんは気付きますよね?
買う側も「家族に内緒にしたい」と思う時点で、愛から遠い家庭ですし、
そんな提案をする会社が作る教材が愛に近いはずがありません。


また、「このメソッドをすぐにみんなに知らせたい」と言うなら、
無料ダウンロードのサービスをすればいいんです。
そして「29800円」という価格はなんなんでしょう・・・
あまりにも商業ベースなので、マスターは驚きました。
その教材を使って、自分を解放するらしいんですが、
これをやったら、消費者のほとんどが財布の中身を解放するだけだと思います。


たしかに何もしないよりは結婚の可能性は上がるかもしれません。
それは、教材を買ったことで、顔の表情や使う言葉が変わり、
結婚への思いが強くなるからです。
しかし、もしこの教材で結婚できたとしても、平和な生活が長く続くことはありません。
この方法に賛同する考え方そのものが、愛から遠いからです。
愛から遠い人は、たとえ結婚できても、平和は長く続かないんです。



◎独身のメリット

「独身のメリット」として以下のようなことを挙げる「既婚者」がいます。

お金を自由に使うことができる
夫婦ゲンカしなくてすむ
親の面倒をみなくてすむ
行動が自由

よっぽど大変な結婚生活なんでしょうが、
みなさんはこんなことを考える必要はありませんからね。
愛に近づく努力をしていれば、
「お金を自由に使いたい」という欲は出てきません。
愛をそそぐことができれば夫婦ゲンカはなくなります。
親との関係が良好であれば、面倒を見ることができる自分の環境に感謝できます。
愛をそそげる大人の思考を持った夫婦なら、自由がなくなると感じることはありません。
上記青文字のようなことを言うのは、「子供の思考」だからです。
子供の思考のままでは、いくら歳をとっても愛にたどりつくことはできません。
「独身ならブランド品を自由に買える」
こんなメリットを挙げている既婚者もいましたが、
自分自身がブランドとして自立していないと、こんな考え方になります。
その人に着られた服やバッグが喜ぶような人物になれれば、
ブランド品に囲まれることで安心するような生活は無用です。
まずは自分を磨くことがなにより大切なことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在2位です。
一日一回、応援のクリックをいただけたら嬉しいです。



梅雨明け宣言が出て、日中はものすごい日差しでした。
セミが「ジージージー・・・」と鳴き続け、暑さに拍車をかけました。


夕方4時40分ですが、この日差しです
















午前中は外で食事をする人がほとんどでしたが、
午後は涼しい店内が人気でした
















夏らしい雲(のような気がします)
















近所の方からいただいた野菜です
さっそく夕食の食卓に出しました

















今日は平日だというのにお客様が多く、
いろいろな物をいただきました。
本当に多くの人に支えられて仕事ができていると実感します。
みなさんの役に立てるように、楽しく頑張ろうと思います。