2018年7月10日

その人はどんな人か

※はじめての方はこちらをどうぞ 16の質問
※過去のタイトル一覧はこちら タイトル一覧

---------------------

(読了目安3分)人気ブログランキングへ

以下は、マスターがある若い女性、A子さんに書いた手紙の一部です。
「男性を見る目」について書いたものです。


高い技術を知らないA子さんが「この人は最高!」と思う職人と、
高い技術を身につけているB子さんが「この人は最高!」と思う職人は違うわけです。
ということは、自分のレベルに応じて、相手に対する評価が変わるということです。
大人の思考を身に付けていないA子さんが、「この人は最高!」と思う男性と、
大人の思考を身につけているB子さんが、「この人は最高!」と思う男性は違うわけです。
今のA子さんが「最高!」と思っている男性は、知恵のある男性ではありません。
それはA子さんがまだまだこれからの人材だからです。



みなさんが中学生・高校生の時に選んだ彼氏は、長く愛する力があったでしょうか?
きっと、そんな力はありませんでしたよね。
未熟なあなたが選ぶ人材は、やはり未熟な人材です。
未熟なあなたでは、成熟した大人の男性がどんなものか理解できないからです。


人の成長の度合いは多様で、単純に表現できるものではありませんが、
仮に、人の成長の度合いが「10段階」あるとします。
まだ3段階の人には、4段階以上の人はみんな「大人の思考の人」に見えます。
しかし8段階の人にとっては、4~7段階の人も「子供の思考の人」に見えるんです。
4段階の人を見るとき、あなたが3段階の人か、それとも5段階の人かによって、
4段階の人が大人に見えたり子供に見えたりするわけです。


その人が大人に見えるとき、その人は本当に大人なのか、
または自分が未熟だからそう見えるのか・・・冷静に考えてみてください。
たとえば、あなたから見れば「大人」である両親をはじめ、
心理学者や占い師、そしてお坊さんでも
仕事や人間関係で悩んでいるのが現実です。
人間の成長の度合いは、年齢や職業で決まるものではないことがわかれば、
人を冷静に見極めることができるはずです。
あなたが大人になるほど、その人の本質がわかるわけです。


「その人はどんな人か」・・・
それは、あなたがどんな人かによって変わります。
「その人はどんな人か」というのは、
「あなたがどんな人か」ということでもあるわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在2位です。
一日一回、応援のクリックをいただけたら嬉しいです。



午前中、近所の「棚田」を見たいというスタッフ(先輩スタッフ)の希望があり、
後輩スタッフと妻に店のことをまかせて出かけました。
スタッフはバイクの後ろに乗りながら写真を撮ることができるので、
どんな感じなのか、撮った写真を掲載します。
今日は写真が多くなりました。


いつも行く展望台です
駿河湾と富士山が見渡せ、夏の晴れた夜は天の川がよく見えます
ここからの景色は「石部棚田展望台」で検索するとたくさん出てきます
(都市部の人に田んぼを貸したり、夜のライトアップをやっているようです)
















少し下りるとこんな景色です(中央左が棚田です)
このまま海まで下ります
















歴史のある家並みを見ながら下り続けると・・・
















海に突き当たります
黄色の二輪車用ボタンを押すと信号が変わります
















そして上の写真の信号を左折すると・・・
















右側に海が開けます
















空も海も青くてキレイでした
















海水浴場の横を過ぎた後はスタッフに運転を代わってもらいました
山の中を走ります(上から目線)
















横から目線
















後ろから目線
「森の中を爽快に走っている」風の写真
















写真を撮っているのがバレました・・・
















午後
ばあばが夏野菜をくれました
















木の葉に当たる太陽光の強さが伝わりますか?
















下から見ると、太陽光で透けた「葉脈」がよくわかります

















マスターは沖縄が好きで、20代の夏、5シーズン続けて沖縄に行ったことがあります。
今日、強く照りつける太陽や海を見て、当時の風景が頭をよぎりました。


夕方ばあばの畑で採れたジャガイモです
娘のリクエストですぐにポテトチップスを作りました
(喜んで運んだ娘が途中でつまずき、半分ぶちまけました・・・)
















夕食
今日は中国から体験学習でスタッフが来ました
日本は初めてという大学三年生です




話は変わりますが、妻の実家が岡山にあることもあり、
先日の豪雨による被害のニュースが気になっています。
岡山では、妻の叔母の家は玄関先まで浸水し、
岐阜では、知人の会社の製品が、水に浸かる被害を受けたようです。
マスターにも妻や子供がいるためか、ニュースでは、
妻や子を亡くした夫の話がどうしても気になります。
復興はまだこれからですが、直接的にも間接的にも、多くの人に影響を与えた豪雨でした。
「なにかできないか」と考えたとき、結局のところ行き着くのは、自分の力の小ささでした。
自分の心の平和に責任を持ち、日々感謝しながら過ごしたいと思います。


そう言えば、少し下がっていた「人気ブログランキング」の得票数が
少しずつ上がっています。
バナーのクリックをしてくださるみなさん、ありがとうございます。