2017年12月24日

先人の知恵が大切な理由 短編2つ

(読了目安5分)人気ブログランキングへ

今回は同じテーマで短編を2つ用意しました。
※ニュースやブログ内の他の記事へのリンクがありますが、
まずは最後まで読み、その後興味があれば、リンク先も読んでみてください


仕事にしても恋愛にしても、自分だけの判断で行動し、
苦労している若い人は多くいます。
子供の行動を見ればわかるように、
経験が浅いうちは、何事もうまくいかないのは当然です。
もちろん「成人すればなにもかもうまくいく」というわけでもありません。
そんなときは、子供が親の助言で物事を解決していくように、
その道の親にあたる「先人」たちの知恵を借りてみましょう。
自分だけで行動し続けるより、きっとうまくいきます。
以下、先人の知恵が大切な理由を書いてみますので、
「だれの助言も聞かない!」なんて思っている人は、
もう一度考え直してみてください。


◎先人の知恵が大切な理由 1

人はみんな、長く愛されるために行動しています。
みなさんの行動も、突き詰めて考えれば、
「長く愛されたい」がキーワードになっているはずです。
しかし、どうやれば長く愛されるかわからないため、
自分が信じた道を試行錯誤しながら歩いている場合がほとんどです。


子供を見ていればよくわかりますが、
たとえば「作りたい料理」があっても、
それをどうやって作っていいかわからず、
こぼしたり、落としたり、ヤケドをしたり、ケガをしたりします。
そして徐々に料理の方法がわかり、料理を覚えていきます。
1人で練習しても、きっと料理の腕は上がりますが、
より早く安全に料理の腕を上げるために必要なのは、
大人からの助言と、粘り強い練習です。
大人からの助言がなければ、ほとんどの場合、
手を切るかヤケドをします。
しかし、大人からの助言のもと、整った環境で料理を勉強すれば、
ケガをして料理が嫌いになることもなく、
1人で練習するより確実に早く料理の腕を上げることができます。


これは大人になって、愛を探す場合も同じです。
人は長く愛されたいと願って行動していますが、
大人になって間もないころは、どうやれば長く愛されるかわからず、
涙をこぼしたり、気を落としたり、心にケガをしたりします。
そして徐々に「長く愛される方法」がわかり、
愛される人になっていきます。
1人で生きていっても、きっと愛に近づくことはできますが、
より早く安全に愛に近づくために必要なのは、
先人からの助言と、粘り強い実践です。
料理と同じように、先人からの助言がなければ、
ほとんどの人が心にケガをします。
しかし、先人からの助言のもと、地道な努力を続ければ、
ケガをして人生がイヤになることもなく、
1人で生きるより確実に愛が見えてきます。


先人の知恵が大切な理由は、心のケガをできるだけ防ぎ、
少しでも早く愛に近づくためです。



◎先人の知恵が大切な理由 2

「若くて知恵のある人」は、人から頼られ、
必要とされ、社会貢献ができます。
人は社会貢献ができれば幸せになり、
ストレスもなく、自分の力をさらに発揮できます。
そして結局のところ、長く愛されます。


若くて知恵のある人になるにはどうすればいいか・・・
それは、「先人たちの知恵」がポイントになります。
先人の知恵が大切な理由を、「ブランド品の鑑定」を例に書きますね。
ブランド品を見極めることができる50歳の人がいたとします。
そしてあなたは25歳だとします。
あなたの人生経験は半分ですが、もし50歳の人から
ブランド品の見極めについて教えてもらえば、
あなたは若くして、ブランド品の見極めに関する
知恵を身につけたことになります。
先人の言葉に耳を傾けることで、
あなたはその分野で20年以上、得をするわけです。
先人たちがしてきた失敗を繰り返すことなく、
短時間で20年分以上の知恵が身に付くわけです。


どんな映画やドラマを見てもわかるように、
「若くて知恵のある人」は、いつも主人公か、
それに準じた役になります。
主人公が、歳ばかり取って知恵がないと、
あこがれや尊敬の対象にならないからです。
以前、「コナン君はなぜ人気?」で書きましたが。
「見た目は子供・頭脳は大人」は人気があり、
「見た目は大人・頭脳は子供」だと誰も相手にしてくれません。
つまり、人が求めているのは、「若くて知恵のある人」なんです。
若くて知恵があると、長く愛されるんです。


若い人は若い人と付き合うことが多くなるのは当然ですが、
もし利害のない先人(年配者)と関わるチャンスがあれば、
そのチャンスを最大限活かしてください。
先人とゆっくり話し、先人が得てきた多くの情報や教訓、
スキルなどをもらうことで、あなたは知恵を手に入れ、
飛躍的に成長し、若くて知恵のある人に近づくことができます。
※ただしお酒の席でゆっくり話すのはダメですよ
(「お酒」カテゴリーを参考に)。
特にあなたが女性で、相手が男性という「1対1」の状態だと、
最終的に、ただのエロオヤジの相手をすることになります。
また、普段から感情的になって怒る人は、
たとえ年配者でも参考に値しません。
年配者だからといって言葉を鵜呑みにするのではなく、
相手や情報を見極めることも大切です。


先人の知恵を身に付けることができれば、
自分だけで生きるより早く知恵を身に付け、
人として大きく成長することができます。
そして、早く大きく成長したあなたは、
大きな愛を長く発信し続けることができ、
発信した愛は必ずあなたに返ってきます。


先人の知恵が大切な理由は、あなたが早く成長することで、
その分長く愛されることができるからです。



◎まとめ

人類は、先人の知恵を活かし続けることで、ここまで進化しました。
大昔は、洞窟の中で凍え、ケガや病気に対しては、ただ祈るだけの生活でした。
しかし現在は、空調が整った部屋で談笑し、
ケガや病気に対しては、指先ひとつで救急車を呼べるまでになり、
しかもある程度効果のある治療を受けられるようになったんです。
もし先人の知恵を一切活かさない生活をしていたら、
人類の文化・文明レベルは変わっていませんでした。
「人類の歴史」という視点で考えた場合、
先人の知恵の積み重ねがいかに大切かわかると思います。


仮にいま、あなたの人生が、「洞窟で凍える人生」だとします。
先人の知恵を活かさなければ、洞窟で凍える人生のままですが、
先人の知恵を活かすことができれば、「洞窟で凍える人生」から、
「空調が整った部屋で談笑する人生」に変わる、ということです。


「知恵のある先人・長く愛されている先人」・・・
もしこれらの人が周囲にいないと思うなら、
それはまだあなたが気付かないだけで、
あなたの感度の方向が変われば見つかります。
テニスの練習をすれば、テニスが上手な人が見えてきます。
包丁の使い方の練習をすれば、包丁の使い方が上手な人が見えてきます。
それと同じことです。


また、たとえば、マスターは常に「お酒は愛ではない」と書いていますが、
もしあなたがお酒を飲んでばかりいたら、
お酒を飲む人としか付き合わなくなりますから、
あなたの周りは、お酒を飲む人ばかりになり、
「この世にお酒を飲まない人なんているんですか?」
というヘンな疑問を持つことになります。
しかしあなたがお酒を飲まなくなれば、
あなたはお酒を飲まない人と付き合うことになり、
あなたの周りには、お酒を飲まない人が増えていきます。
お酒を飲まなくなれば、飲まない人もいるということが理解できます。


「知恵のある先人・長く愛されている先人」についても同じです。
愛や知恵の道を進むと、必ず見えてくるものがあります。
あなたが今よりも成長し、知恵や愛について考え、行動し続ければ、
「知恵のある先人」に気づくようになりますから、安心してください。


<余談>

今日、たまたま以下の記事が目に入りました。

「カフェで起業する人がだいたい失敗する理由」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171224-00200982-toyo-bus_all

この記事にありますが、カフェをオープンさせるために
10年も20年も修行する必要はありません。
それは昔の方法です。
今の時代は、インターネットがあり、情報も技術も、
以前より手軽に手に入り、動画で研究もできる時代です。
コーヒー関連の基礎ができていて、人間的に成長すれば、
よほどのことがない限り、2年の修行で開業できます。


一説によると、カフェは開店3年で50%が閉店するんだそうです。
「カフェ 廃業率」で検索して出てくる厳しい意見には一理ありますが、
カフェの基礎と人間力があれば、お客様は増え続けるはずです。
ちなみにマスターの店は、多くの人の好意に守られ、12年続いています。
売り上げは増え続けていない気がしますが、
子供2人を育てながらもなんとかやっています。


カフェをオープンしたい人は、マスターが鍛えてあげます。
マスターが元気なうちにどうぞ、「早いもん勝ち」です。
人生は一回だけの本番です、夢を夢のまま終わらせないでくださいね。


カフェ経営・料理教室の先生 ―経営者養成合宿―

前編
http://aisarenairiyu.blogspot.jp/2017/11/blog-post_30.html

後編
http://aisarenairiyu.blogspot.jp/2017/11/blog-post_37.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在2位です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。



今回は以下の「マスターの日記」が長いです。


今日はクリスマスイブですね。
それぞれの人が、それぞれの思いで過ごす夜だと思います。
マスターは例年通り、関係者全員がひとつの食卓につくことができ、
「平凡だけど幸せ」な夜を楽しみました。
今(8時半現在)、店のウッドデッキの上では、
スタッフと子供たちが縄跳びをしています。


今日は午前中、娘は地元の餅つきを見に行き、
日中は娘も息子も思い思いにテレビやゲームで過ごしました。
去年のクリスマスに「プレゼントは親が配達する」とバレたため、
今年は、クリスマスイブにプレゼントをあげようか尋ねたところ、
2人とも「25日の朝がいい」とのことでした。
子供なのに、意外と律儀(りちぎ)なところがあるようです。


数名の常連さんがプレゼントを持ってきてくれ、
マスターの店からもお返しにお菓子を出したりと、
いつものように楽しく仕事をしました。


地元の餅つきです



















こんなふうにもち米を炊くんですね
マスターは電気釜でしか炊いたことがないので
写真を見て感動的でした





















お客様からのいただきものです






















スタッフが作ったおやつ




















プレゼントのお返しに常連さんへ
シフォンケーキタワー(雪だるまつき)
















閉店間近の店内
子供たちはリビングで「臨戦態勢(ご馳走を食べる気満々)」です
















年末年始はイルミネーションをつけるため、
店の照明がいつもより少し派手になります


















閉店後は夕食です。
クリスマスイブの夕食は関係者みんなで食べました。
イルミネーション、薪ストーブの炎、元気な子供たち・・・
今年も去年と同じ光景を見ることができて幸せでした。


暖房と同時にサツマイモとサトイモを焼いています

















お寿司だー!
ポテトだー!
チキンだー!
ケーキだー!

特に娘は興奮度が高いです。
「メリークリスマース!」と娘が音頭をとり、
クラッカーを鳴らして夕食が始まりました。

※興奮しているわりには、静かなBGMを流していました
https://www.youtube.com/watch?v=dHZVnVBTYbM


お寿司だー!

















ポテトだー!

















チキンだー!



















ケーキだー! 
(子供たちが、じいじ・ばあばと一緒にネットで探したそうです)
















マスターの食卓にお酒は出ません
イベント的な日にはコカ・コーラが出ます
コカ・コーラと養命酒・「お酒」カテゴリー参照) 



じいじとばあばが持参した料理は7人では食べきれない量でした・・・
にもかからわず・・・

・・・

・・・

食後にケーキ2つ
















実はじいじとばあばはチョコケーキも買ってくれたんです・・・

















ケーキを食べた後は、5人の大人たちでコーヒーを飲みながら談笑です。
子供たちのことや、この1年のことなどをおしゃべりしました。
大人は5人とも「夜カフェ」がOKなタイプです。
(食べられなかった食事は明日食べる予定です)


話は変わりますが、100万年前の人類は、まだ火を使うこともできず、
「洞窟で凍えるだけの冬」を過ごした時代もあったはずです。
それが、言葉を使い、文字を発明し、そして今、
YouTubeでBGMを聴きながら、真冬にもかかわらず
暖かい部屋で薄着で過ごし、ホットコーヒーを飲み、
過去について、そして未来についても話せるようになりました。
先人たちが残してくれた知恵に感謝しないわけにはいきません。


話は戻りますが、夜8時半・・・
スタッフと子供たちは店のウッドデッキで縄跳びです



















就寝の時間まで、娘の興奮した声がずっと家の中に響いていました。
(息子も興奮していたかもしれませんが、声には出さないタイプです)
これから子供たちへのクリスマスプレゼントを用意し、
ひと仕事してから寝ようと思います。