2017年11月4日

発展途上国の子供の瞳がきれいな理由

(読了目安3分)人気ブログランキングへ

人は、物事を捉えるとき、「本質」よりも、
「心」で感じる場合があります。
しかし、心で感じることばかりで本質を見失うと、
信じたいことだけを信じる「妄信者」になってしまいます。


たとえば、奥さんと子供がいる男性の言葉を信じたいように信じ、
「彼だけはそんな男じゃない」
「彼は必ず奥さんと離婚するもん」
「彼は本気で私と結婚するつもり」
と言っている女性も多くいます。


でもそれは、部外者から見れば、
「本質を知らない女・勘違い女」ということがほとんどです。
これでは自分の価値を下げてしまいます。


不倫の客観的事実は、多くの場合上記のようなことはありません。
不倫 6」でも書いたように、既婚男性の本音は、
「できるだけコストをかけず、多くの女性と肉体関係を持ちたい」
というのが多数です。


しかし、だからといってがっかりする必要はありません。
それを理解した上で愛とはなにか考え、実践していけば、
表面的な出来事に右往左往することなく、
土台の安定した人生を送ることができます。


ということで、今回は、
「発展途上国の子供の瞳がきれいな理由」というタイトルで、
「信じたいこと」と「本質」について、
少し冷静に考えてみるトレーニングをしましょう。
現実の世界では、「心(思い)」だけではどうにもならないことばかりです。
本質を知り、自分の価値を下げない女性になることも、
長く愛されるために大切なことです。


では本題、短くいってみましょう。

「発展途上国の子供たちは、
貧しくても、瞳が澄んでいてキラキラしている」

「貧しくても、心が純粋で素直だから目がきれい」


こんな言葉、聞いたことあるかもしれませんが、
みなさんはどう思います?


「瞳」というのは、常に表面が濡れていて、
「つや」があるものですから、光を反射してキラキラしているのは当たり前で、
おそらく、途上国の子供の瞳と先進国の子供の瞳のつやには、
大きな差はないはずです。
日本人の子供たちだって、瞳はキラキラしています。


ではなぜ途上国の子供たちの瞳がキラキラしているのか・・・それは・・・


顔が汚れているから、または顔の色が黒いからなんです。


つまり、コントラストの問題です。


「白」を引き立たせるためには、その白をもっと白くする方法のほかに、
近くにある黒をもっと黒くする方法もあり、
発展途上国の子供の目がキラキラして見えるのは、後者の効果です。


発展途上国の子供であっても、先進国の子供であっても、
眼球の表面だけは同じつやで保たれています。
だから瞳がやけに輝いて見えるわけです。
黒人の歯がやけに白く見えるのも、同じことです。


それからもうひとつ、発展途上国を訪れた人が、
その後日本に帰国し、現地の子供について話す時などは、
できる限り褒めるところを探すわけです。


「子供たちの髪の毛はボサボサだったよね、
鼻水は垂れ放題だったよね、おしっこ臭かったよね」
「お金くれってうるさかったよね」

なんて話すよりも、

「瞳がきれいだったね」

となるわけです。


マスターは、息子や娘がかわいいからかもしれませんが、
途上国であれ先進国であれ、
子供たちの瞳はみんなキラキラしていると思っています。


もしボランティア活動や、発展途上国へのスタディーツアーの集まりで
「発展途上国の子供の瞳はきれい」
という話になったとき、違う視点からの見解として、

「顔が汚れているから」
「肌の色が黒いから」

という意見も頭に入れておいてください。


ただし、大切なことは、言葉にするなら「愛」を込めて言葉にするということです。
顔が汚れているのは、生活環境の過酷さを示しています。
肌の色が黒いのは、日焼けやもともとの肌の色ですから、
「良し悪し」の問題ではありません。
バカにしたように言うのは愛ではありませんから、
知恵のある人を遠ざけてしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在8位です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。


連休中日の今日、風が強く、思ったほどお客様はありませんでしたが、
午前中に17名のライダーさんが訪れ、同じメニューをたくさん注文してくれたため、
そのメニューの器が足りなくなる事態になりました。
「ウケ狙い」で思い切った器を出したら大笑いしてくれたのでよかったです・・・



今日は満月感溢れる月でした

















娘とスタッフを誘い、買い物に出かけ、帰りに近所の展望台まで行きました

















影がはっきり出る月明かりでした

















帰宅後、娘はハロウィンで残ったミニかぼちゃで
プリンを作りました

















さて、明日で連休も終わりです。
気になる男性とドライブに出かける人は、
「男性とドライブ」カテゴリーも参考にしてくださいね。
(第一話はここ
車の運転をしている男性を見るとき、
視点を変えればその男性の本質が見えてきます。