2017年11月30日

カフェ経営・料理教室の先生 ―経営者養成合宿<前編>―

(読了目安5分)人気ブログランキングへ

昨日、マスターの店の研修生が無事「プロデビューしたので、
新規で「カフェの経営者・料理教室の先生」になりたい人を募集します。
興味がある人は読んでみてください。

-----------------------------

マスターの本業は、カフェ&レストランの「調理」です。
いつも本文の後に投稿している写真にあるように、
この15年間、田舎で暮らしながら、お客様や家族、
そしてスタッフたちのためにキッチンに立っています。
店の経営と並行して2人の子育てもあり、
あっと言う間の15年間でした。


さて、今回の投稿のタイトルは、

カフェ経営・料理教室の先生 ―経営者養成合宿<前編>―」

です。


内容をひとことで書くと、半年から2年のトレーニングで、
「年商1000万円前後のカフェ経営者」、
「料理教室の先生」になる方法についてです。


実は、この合宿の内容は、マスターの子供たちに伝えたいことなんです。
一芸を身に付け、経済的に自立できるようになっておけば、
マスターも子供たちも安心できますからね。
でもまだ小学生なので、今必要としてくれる人がいれば、
まずその人たちに伝えようと考えました。



◎対象者

以下のような人を対象にしています。

・将来パートナーや家族と、カフェやレストランの経営を楽しみたい

・将来自宅やスタジオで、料理教室や包丁の使い方教室を開きたい


また、以下のような人にも意義のあるものだと考えています。

・物事の本質についてじっくり考えたい
・自分の人間力をさらに向上させたい
・調理師免許を取ろうとしている (コストが節約できます)
・今の生活環境を根本的に変えたい
・「尊敬している人」から尊敬される人になりたい
・今よりも一層必要とされる人になりたい
・人生そのものを娯楽に変えたい
・今のうちに花嫁修業をやっておきたい



この合宿の参加費用は無料です。
調理師専門学校に行く必要はありませんし、
経営学のスクールに行く必要もありません。
フードコーディネーターやコーヒーマイスター、
野菜ソムリエなどの資格もいりません。
全てのスキルは、実際に稼動中のレストランで、
リアルな仕事・リアルなお客様を通して身につけます。

※以下の投稿の中盤、「◎楽しいことは食欲を越える」
で紹介した5つの動画は、「リアルな仕事」の一部です
(他、「料理に愛を」カテゴリーの内容も、リアルな仕事がベースです)
http://aisarenairiyu.blogspot.jp/2017/11/blog-post_28.html


経験者なら半年、未経験者でも2年で、
年間売り上げ500~2000万円の店を経営できるようになります。
売り上げは、「場所や実力、求めるもの」によって変わりますが、
たとえばブログ内の写真にあるような、のんびりした田舎暮らしなら、
売り上げは500万円以下でいいと思いますし、
都会で思いっきり稼ぎたいなら、2000万円ぐらいの売り上げも可能です。
ちなみにマスター夫婦は都会でしっかり稼ぐスキルはありますが、
このブログを書きながら、ゆっくり暮らしたいので、
「田舎でカフェ」というスタイルを選んでいます。
また、合宿終了後は、自宅やキッチンスタジオで、
「料理教室・包丁の使い方教室」を開く実力を身につけることもできます。
将来自宅で子育てをしながら、同様の教室を開くことも可能です。
たとえ経営者ではなく「アルバイト」という道を選んでも、
「頼りにされる存在・必要とされる存在」になれ、バイトが楽しくなります。



◎長く楽しく続けられる店を

自分の店を経営するなら、すぐにつぶれてしまう店はイヤですよね。
世の中は「経済社会」ですから、お金を払えば、
誰もが開業の手伝いをしてくれます。
お金があれば貸し店舗の契約もできますし、内装工事もしてもらえます。
お願いすれば大々的に宣伝もしてもらえます。
しかし、オープン後は誰も売り上げを保証してくれません。
「頑張ってオープンしたのはいいけど、お客様が来ないので閉店」
という状況はよくある話で、現実として、開店後まもなく閉店し、
「借金を返すためにバイトの毎日」という人も少なくありません。


みなさんは、カフェの経営に必要なものってなんだと思いますか?
「調理師免許」が必要だと思っている人も多いんですが、
自営業に調理師免許は無用です。
ですから、1年と150万円をかけて調理師免許を取らなくていいんです。
必要なのは、「食品衛生責任者」という資格と、
「営業許可証」という書類で、これらは数万円で用意できます。
その他、もちろん調理の基礎技術も必要ですが、
個人経営の店を長く続けるために大切なことは、
「人間力」「アイデア」「接客」です。
「人間力」については、書くまでもなく全ての基本です。
さらに、お客様が求めているものを感じ取り、
それを様々な方法で実現させる「アイデア」、
そして「接客」というのは、お客様とのかかわりの中に
「愛があるかどうか」ということです。
人間力があり、アイデアと接客の平均点が高いほど、
楽しい経営を長く続けることができます。


そう、店の経営の基本は、人間関係と同じです。
ですから、「経営者養成合宿」では、調理の技術だけでなく、
長く楽しく営業を続けるために必要なこと全般を学びます。



<前編>は以上です。
詳しいことは、以下<後編>で書きます。
http://aisarenairiyu.blogspot.jp/2017/11/blog-post_37.html


※時間がある人は、前回の記事や紹介したページの動画を楽しんでください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在6位です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。



今日は小雨が降る中、妻と2人で買い物ドライブでした。

下田の東急(駐車場側)
















下田港に続く川
















温泉の湯煙です
寒くなるといろんな場所からの湯煙が目立ちます

















今日から体験学習で短期滞在のスタッフが、
おみやげにお菓子とみかんを持って来てくれました

















新しく「おねえちゃん(体験学習希望者)」が来ると、娘が興奮します。
息子にはほとんど変化なしです。
マスターと妻もほとんど変化なしです。
もちろん楽しくてワクワクしますが、
娘とは表現方法が違うようです・・・