2017年11月26日

不幸の原因

(読了目安2分)人気ブログランキングへ


折り紙がうまくできなくて泣いている子供がいます。
本を見ながらがんばって作っているんですが、
うまくいかず、絶望し、不機嫌になり、泣いています。
・・・本や折り紙が悪いんでしょうか?


人生がうまくいかなくて泣いている大人がいます。
楽しく生きようとがんばっているんですが、
うまくいかず、絶望し、不機嫌になり、泣いています。
・・・社会情勢や景気が悪いんでしょうか?


戦争や災害、重い病気など、
「誰が見ても不幸としか表現できない・これは悲惨だ」
という特別な状況は別ですが、
ある程度健康で、「食うに困らない生活」を送っている人の中にも、
自分は不幸だと悲観している人がいます。
では、その不幸の原因は、なんだと思いますか?


もし不幸の原因が、「社会情勢・景気」なら、
この世に幸せな人は一人もいないはずですが、
きっと今この瞬間、幸せな人もいます。
人の不幸の原因は、社会情勢や景気などの「外側」にはないということがわかります。
ということは、不幸の原因は・・・そう、自分の中にあるんです。
人は、「物事の捉え方」次第で、自分を幸せにしていくことができるんです。
自分で自分を幸せにするというのは、物事の捉え方を変えていくということです。
今、「私は不幸だ」と思っている人も、考え方次第で幸せになることができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在8位です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。



娘の友達を含め、子供たち3人が遊ぶ姿を遠くから眺めました
















スタッフが「SNOW」で娘を撮ってくれました
マスターもかわいくなれるんでしょうか・・・