2017年11月15日

私を楽しませてくれるのはだれ?

(読了目安1分)人気ブログランキングへ


「私を楽しませてくれるのはだれ?」

こう思いながら、自分からだれかを誘うこともなく、
会話も受身で質問もせず、ただ周囲からの刺激を待ち、
反応しているだけの女性がいるとします。
そんな、「誰かが楽しませてくれるのを待つ女性」が、
幸せになれると思いますか?


オレが君を楽しませてあげる。

こんなのどうかな?


これが楽しいでしょ?


あれをやると楽しめるよ。



こんな言葉で言い寄ってくる男性はいるかもしれませんが、
たとえ言いなりになって付き合っても、
男性は、ある程度肉体関係を楽しんだら、
「もう疲れた・・・」と離れていくことになります。


「私を楽しませてくれるのはだれ?」


こんな考え方で生きている女性は、
男性との短い付き合いを繰り返すばかりです。


長く愛されない理由は、「受身」だからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在5位です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。



吉祥寺駅前はクリスマスツリー
実は今日、スタッフは東京に用事があり
吉祥寺と代々木に行きました













以前は東京に住んでいましたが、
今はこんなところで生活を楽しんでいます
上の写真と雲が繋がっていると思うとなんだか不思議です

















こんなふうに・・・

















キノコが採れるような田舎暮らしです (写真はナラタケ)

















ちょうどナラタケの写真を撮っているころ、
渋谷を通過中のスタッフから写真が届きました
マスターも高校の時によくバイクで通った道が写っています
チーマー(古)という言葉、知ってますか?













早朝から出かけ、夜に帰ってきたスタッフですが、
明日は夜明け前に出かけるようです。
元気に飛び回るスタッフでした。