2017年10月27日

もう男はこりごり

(読了目安2分)人気ブログランキングへ


「もう男はこりごり」なんて言っている女性、たまにいますよね。
「男はもう遠慮したい」というニュアンスですから、
「相手が悪い」と思っているわけです。
相手が悪いということは、自分は悪くないんですから、反省できません。
反省しないと自分が成長しなくなります。


これまでに何度も書いているように、
人間は自分と同じレベル(同じ大人度)の人と付き合いますよね。
ですから、自分が成長しないということは、
次に付き合う男性も、前の男性と同じレベルということです。
これでは同じことの繰り返しになりますから、
また「もう男はこりごり」となってしまいます。


「もう男はこりごり」というセリフは、自分の成長を止める言葉です。
ですから、常にその程度の男性にしか相手にされないんです。


そして・・・人間は・・・歳をとります。
成長しないだけならまだしも、歳をとっても同じままだと、
成長し続けている人と比べ、知恵がないことになります。
人間にとって、「変わらない」ということは、
実質的にはマイナス成長なんです。


「もう男はこりごり」という思考は卒業し、
「こんな自分はもうこりごり、絶対に成長してみせる!」
という思考にシフトできれば、愛に近づけるはずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在12位です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。