2017年9月7日

メタボの医師や管理栄養士 女子議員の不倫

(読了目安3分)人気ブログランキングへ


◎メタボの医師や管理栄養士

選べるなら、言葉と行動が一致している人と付き合いましょう。
それは国家資格を持つ「医師」や「管理栄養士」も同じことです。


世の中には、メタボの医師や管理栄養士がいます。
運動もせず、たくさん食べて、お酒を飲み、
夜更かしをし、中にはタバコを吸う人もいます。


しかし彼らは、患者に対して、

「栄養のバランスを考え、食べ過ぎに注意し、
お酒は控えめにしてくださいね。
規則正しく生活し、適度な運動が大切です、
タバコはやめたほうがいいでしょう」

と言います。


いったいなぜでしょう・・・
なぜ患者に対して、自分ができないことをすすめるんでしょうか。


それは、

「訴訟を起こされたくないから」

です。


「好き放題やっていいですよ」と言って患者が鵜呑みにし、
体調を悪くすると、患者から訴訟を起こされてしまう場合があります。
それを防ぐために、キレイゴトを言うわけです。
メタボの医師や管理栄養士は、患者のためではなく、
自分の立場を守るために言葉を選んでいるのが実情です。


本当に患者のためを思っているなら、
自分が実践し、見本を示すのが愛です。
仕事に誇りを持ち、患者に愛をそそいでいる医師や管理栄養士は、
患者に助言するのと同じように、自分も実践しています。


メタボの医師や管理栄養士は、自分のことは棚に上げ、
自分の立場を守るために、キレイゴトを並べます。
患者の利益より、
「キャバ嬢の〇〇ちゃん」
「ホストの〇〇君」
に興味があるわけです。


患者としては、どうしてもその人しかいないなら仕方ありませんが、
できるだけメタボの医師や管理栄養士とは関わらないのが
自分に対する愛です。


行動が伴わない人の言うことを信じると、
イザというときに「こんなはずじゃなかった」
になりますから、気をつけましょう。


余談:
 現役看護師に聞いた話ですが、開腹手術をするとき、
体脂肪があり過ぎると脂肪層が障害物になり、
失敗の可能性が上がるんだそうです。
手術の器具も、脂肪でベタベタになるんですって。
 また、全身麻酔で意識がないのをいいことに、
 「この患者デブ」と言われることもあるそうです。
手術の成功率という視点からも、太りすぎは良くないと言えるかもしれません。



◎女子議員の不倫

この数日、国会議員の山尾志桜里さんが、
不倫をしたという報道が流行っていますね。
以下、「報道内容が本当だったら」という前提で書きますね。


頭が良く、東大の法学部を出たのはいいですけど、
ずっと勉強ばかりしてきたんでしょうね。
アラフィフのマスターから見れば、
アラフォーの彼女は「恋愛経験が少ない女の子」ですが、
若いみなさんから見れば、立派な大人、
というか、ただの「オバサン」に見えるかもしれません。
そんなオバサンでも男に夢中になるわけですから、
どの年代の人にとっても、人間対人間の深い付き合いが
いかに価値のあるものなのか、よくわかる出来事だと思います。


彼女は、国民の未来より、男の方が大切なんです。
そのぐらい、彼女にとって「男と抱き合うこと」は、
価値があるものだったんです。

「愛は地球上の全ての物を手に入れるより価値がある」
「愛が手に入らなければ地位やお金があっても満たされない」

ということ、そして、そこから

「人生の目的は愛を手に入れること(愛をそそぐこと)」

などということもわかってくると思います。


一概には言えませんが、パートナーがいる人が、
他の人と抱き合いたいのは、「寂しいから」です。
「寂しさ」は、なによりも耐え難いものなんです。


少し前は、秘書に「このハゲー!」と絶叫した音声が公開され、
入院してしまった女性議員もいましたね。
彼女もなんらかの精神疾患があるにしても、
彼女の暴言を発動させてしまうのは、やはり「寂しさ」が主な原因です。
寂しさはその人にとって、とても深刻な問題と言えます。


パートナーがいる人は、お互いが安心して抱き合える関係を作らないと、
ストレスが溜まり、精神的に不安定になります。
そして人は「尊敬できる人」と抱き合いたいと願っていますから、
「人として尊敬される人(ギターやテニスがうまいとかだけじゃダメです)」
にならない限り、本物の愛は手に入らないということです。
表面的な寂しさをごまかすための形式的なセックスだけでは、
根本的な解決にはならず、心は満たされません。


尊敬し合っている男女が抱き合ったとき、
そこには愛があります。
尊敬し合っていない男女に愛はなく、
愛がない関係は必ず破綻します。


みなさんは、「不倫をする人」を尊敬できませんよね?
だから、長く愛されたいなら、不倫はダメなんです。
(大学では教えてくれません、よく覚えておいてください)


※不倫については「不倫 1」からどうぞ

※今のマスターは、妻や娘に抱きついたり、
抱きつかれたりして、楽しい日々を過ごしています

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在14位前後です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。



昨晩、夜中に寒くて起き、窓を閉めようとしたところ、
視界の片隅にとてもまぶしい光を見たんです。
未知との遭遇か!と思ったのもつかの間、
見ると満月かそれに近い月が明るく光っていました。
先日、「満月になったら写真を・・・」なんて言っていたのを思い出し、
外に出て写真を撮りました。
いつか望遠鏡を使って撮ってみましょうね。
もっとキレイに撮れるはずです。

午前3時46分の月

















ところで、今日の午前中、マスターと妻は買い物に行きました。
しかし今日は2人ともカゼをひいています。
マスターは咳、妻はくしゃみと眠気と生理痛・・・
お互いに助け合いながら、自分のことで精一杯の夫婦になってしまいました。
マスターは普段から、「結婚は1+1=3の関係です」と言っていますが、
さすがに今日は「1+1=1」ぐらいの力しか出ませんでした・・・
老後はこれがリアルになり、冗談ではすまなくなるんですね。
とにかく今をしっかり楽しみたいと思います。