2017年9月4日

理想の体重になれない人は愛されない

(読了目安3分)人気ブログランキングへ

病気などのやむをえない事情は別として、
「理想の体重」になれない人は愛されません。
なぜなら、理想の体重になれない本人が、そう信じているからです。


人は、いつも愛されたいと願っています。
突き詰めていけば、人間の行動の理由は、
常に「愛されるため」と言っても言い過ぎではありません。


ダイエットをする理由も、もちろん愛されるためです。
裏を返せば、ダイエットを考えている人は、
「今のままでは愛されない」と信じていることになります。


ダイエットを考えている人は、
「理想の体重にならなければ愛されない」
と信じているわけです。


ですから、理想の体重になれない人は決して愛されません。
本人がそう決めているんですから、どうしようもないことです。


ということで、愛されたいなら、理想の体重になってください。
理想の体重になったとき、愛を信じることができるようになります。


ちなみに、人は理想の「体重」になることはできますが、
部分痩せや部分太りなどで理想のデザインをすることは、ほとんど不可能です。
極端に言えば、7頭身を9頭身にすることはできませんし、
豊胸エステを勧めるエステティシャンも、Bカップ以下の人はザラにいます。

※「本質的な努力をすれば」の写真程度なら変われますが、
骨格は同じですから、これを「体型が変わった」と言うのか
「体重が変わった」と言うのかは微妙かもしれません


頭やバストの大きさや形など、基本的に体型をデザインすることはできませんから、
理想の「体型」になるためにコストをかけるのは
商業社会の戦略に飲み込まれているだけです。
「食べて痩せられる」という言葉に踊らされ、
リバウンドを繰り返してしまうのと同様、
体型を変えるための努力をしても、
一時的かつ小さな体型変化に一喜一憂しているうちに
お金と時間がなくなっていきます。
もったいないですよね。
その分、内面的な自分磨きにコストをかけるのが知恵ですし、
そもそも、小顔や豊胸の努力に明け暮れる女性には、
知恵のある男性は近づきません。


一方、どんな体型の人でも、「体重」なら理想どおりにすることができます。
自分の意思で必ずできることなんですから、やってしまいましょう。
理想の体重になることは、愛されるためのスタートラインと言えます。



参考:

知恵のある女性は、チビ・デブ・ハゲの男性がいたとして、
チビとハゲを理由に、その男性を否定することはありません。
チビとハゲは、現代の人類の知恵では、
「どうしようもないこと」だからです。


同じように、知恵のある男性は、
女性の「体型」を理由に、その女性を否定することはありません。
「体型」は、生まれつきある程度決まっているものだからです。
しかし、「体重」はどうにでもなります。
どうにでもなる体重をコントロールできない女性に対しては、否定的な目で見ます。
もちろん面と向かって「私はあなたを否定します」などとは言わず、
笑顔でスルーするか、遊び相手として、短期間関わるだけです。


また、どうしようもないことで不安になりストレスを溜めることは、
自分を愛していると言えるでしょうか?
たとえば、「身長が低すぎる・高すぎる」などを理由に、
不安になったり卑屈になったりし、
自分を解放できないままでいるのは、
自分に対する愛ではないということです。
マスターで言えば、髪の毛が薄くなってきたからと言って卑屈になり、
ストレスを溜めてしまうのは、自分に対する愛ではないということです。


ストレスを溜めてしまうと愛をそそげなくなり、結果、愛されなくなりますから、
どうしようもないことにストレスを溜めてしまうのは、とてももったいないことです。
マスターは、たとえあなたの体型が理想の体型ではなくても、
理想の「体重」をキープできているなら、
あなたは知恵のある女性、愛される女性だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在17位前後です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。