2017年9月19日

争いに勝つ努力

(読了目安3分)人気ブログランキングへ

月20万円の給料のうち、家賃7万円、食費3万円はいいとして、
仕事で溜まったストレスを発散するための飲み代3万円、
うつ病の治療代2万円、タバコ代2万円、ギャンブル代3万円・・・
こんな生活をしていませんか?

------------------

1:他人との争いに勝つ努力

2:他人と争わない努力


愛に近いのは、どっちの努力だと思いますか?


そうです、もちろん後者の方が、愛に近い努力です。
人は「争いたくない」と考えていますから、
どうやったら争いに勝てるか考える人生より、
どうやったら争わずにすむか考える人生の方が、
愛に近い人生です。



では以下はどうでしょうか。

1:ストレスを解消するための努力

2:ストレスを溜めない努力

愛に近いのは、やっぱり後者ですよね。
ストレスを全く溜めないようにするのは不可能ですが、
人間はストレスを溜めたくないと思っているわけですから、
やっぱり、ストレスを溜めないようにすることが、愛に近い努力なんです。
理想の状態の自分に少しでも近づくように努力することが愛です。



1:痩せるための努力

2:太らないための努力

これも後者が愛です。
うっかり太ってしまうのは、誰にでもあることかもしれませんから、
「太ってはいけない」ということはありません。
しかし理想の体重があるなら、まずはその体重になればいいんです。
そしてその後、太らないように努力するのが、より愛に近い行動です。



1:病気を治す努力

2:病気にならない努力

これも後者が愛に近い努力です。
ただ、病気を完璧に防ぐことはできませんから、
元気な人は、「身体に悪そうなこと」をできるだけ避ければいいんです。
わかりやすく言えば、お酒やタバコ、過食をやらない、
ストレスを溜めない考え方を身につける、などです。
生活習慣や食事などで目先の快楽を追い続けてしまうと、
病気を呼び寄せてしまうことになります。



◎争いに勝つ努力

以前も書きましたよね、戦うべき相手は自分自身だけだって。
他人と争わず、自分と戦い、自分を乗り越えてください。
それができれば、他人と争うことはなくなります。


「自分に勝つ」というのは、たとえば、
「自分は正しい・相手が間違えている」という気持ちが出た時に、
「人間は不完全だから、自分が間違えていたかもしれない、
たとえ相手が間違えていても、逆の立場になることもある」
このように考えをめぐらせ、気持ちを安定させることです。


また、「布団から出たくない・仕事したくない・もっと食べたい」
という甘えを乗り越えることも、自分に勝つということです。
自分に勝つというのは、自分に愛をそそぐということです。
自分に愛をそそぐと、夜、布団やベッドに入るとき、
きっと晴れ晴れした気持ちで横になることができます。
なんの心配事もなく「あとは寝るだけ!」と睡眠に入れることが
どれだけ幸せなことか、みなさんもきっとわかっていると思います。
「あとは寝るだけ!」という嬉しい気持ちが、
その日、自分にそそいだ愛が返ってきた瞬間です。


争いに勝つことを「知恵の象徴」のように思う人もいるかもしれませんが、
本当に知恵がある人は、そもそも争いません。
争いそのものが、知恵がないことの象徴なんです。
争いの中に「愛」はありません。
大切なのは、「自分」に勝てるかどうかだけ。
他人との争いに勝つ努力よりも、
他人と争わない努力の方が愛に近い努力です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在11位前後です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。



今日は天気が良かったので、スタッフにはDIYを楽しんでもらいました。
基本の電動工具を使った解体作業です。
時間はかかりましたが、なんとか目標達成です。


築後10年で傷んだ、屋外の渡り廊下の解体作業です

















電動工具などを使いながら、外していきます

















スタッフ2人で、いろいろとがんばりました

















全部外したので・・・

















パネルを渡して完成!(仮) 
新しいデザインの図面を書き、木材を買いに行きます

















今日はいろいろな人から食べ物をいただきました・・・
空芯菜とか

















そしてそろそろ終わりの夏野菜とか
その他かぼちゃやお菓子などをいただきましたが、
中でも珍しいのが・・・次の写真の肉です

















シカやイノシシの肉は時々いただくんですが、
下の写真は「アナグマ」なんですって(少し遠くから撮りました)。
「ジビエ」というジャンルでは、おいしい肉だと評判なんだそうです。
「ジビエ アナグマ」で検索したらいろいろわかりました。
現在は主に猟師や田舎暮らしの人が食べるそうです。

こんなブログの記事もありました。
【渋谷】日本初!幻のジビエ「穴熊=ムジナ肉」の
すき焼き専門店「むじなや」に行って来たぞ!
http://munesada.com/2015/09/18/blog-6104

たくさんいただいたため、近所の人にもあげました
マスターは解体できないので、上手に処理済みで助かりました・・・

















一日遅れの敬老の日
娘は米粉のチーズケーキを作り、デコレーションです
(寒くてマスターの上着を着ています)


















ホイップクリームにココアパウダーをふりかけて完成です




 











その後、じいじとばあばの家で食べました。
みんな元気でケガもなく、平和な一日でした。