2017年9月17日

女子と貧困

(読了目安3分)人気ブログランキングへ

今回は、離婚経験がある女性も含め、
これから結婚を考えている女性に読んでもらいたい内容です。

いきなりですが、以下の3つを紹介します、
知らない人は、興味があたら検索してみてください。
生活や労働関係で困っている人の役に立つかもしれません。
こちらからの問い合わせの対応で、
だいたいどんな団体かわかると思います。
すぐにていねいな返事があれば信用できると思います。

・「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」

・「キャバクラユニオン」

・「ブラックバイトユニオン」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、たまたま「女子と貧困」という本を読みました。
この本は、主に離婚をした後の女性の貧困について書かれていて、
母子家庭のお母さんにとって励みになる内容です。


さて、この本を読みながらマスターが感じたのは、
「なぜ離婚するような結婚をしたのか」ということです。


離婚の状況として多いのは、

「夫が借金まみれになった」
「夫が仕事をしなくなった」
「夫が浮気をした」
「夫の暴力や暴言が始まった」

となり、

「そんな夫がイヤになった」
「子供を守るためにも離婚」
「それなら私も浮気してやろう」
「暴力から逃げないと」

などとなりますが、
女性はなぜその男性を選んでしまったんでしょうか?


「女子と貧困」という本に書いてあるのは、
「離婚後の問題をどうやったら解消できるか」というものです。
離婚をした人にとっては、
「離婚後の問題をどうやったら解決できるか」という問題は切実です。
しかしこれは、ストレスを抱えた人が、
「ストレスをどうやったら発散できるか」と考えるのと似ています。
長く愛されるために必要なのは、まず、
「離婚するような結婚をしないこと」が大切なんです。


みなさんは、「ストレスを溜めない生き方」と
「ストレスを発散する生き方」があるなら、
前者を選ぶのが本質だと理解できると思います。
ストレスを溜めなければ、発散する必要がなくなり、
発散する必要がなければ、お金や時間を節約でき、
その分を、愛をそそぐのに割り当てることができます。


結婚生活についても同じです。
「離婚しないための知恵」と
「離婚後の問題を解決するための知恵」があるなら、
「離婚しないための知恵」の方が本質です。


離婚経験がある人は、その離婚で、きっと多くの教訓を得たと思います。
ですから、次の結婚では同じミスをしないでください。
そして、これから結婚しようとしている人は、
どうか先人の言葉に耳を傾けてください。
「離婚しない」という事実だけで
平和が約束されるわけではありません。
夫婦で協力しあい、平和な家庭を長く続けることが、
本当の意味で「離婚しない」ということです。



◎まとめ

母子家庭から貧困になる状況には、
他人には理解できない様々な深い背景があります。
母子家庭になりたくてなった人なんて、きっといません。
そして貧困になりたくてなった人だって、きっといません。


すでに母子家庭の人は、過去には戻れませんから、
今の状況の中で全力を尽くし、愛とはなにか考え、
少しずつでも愛に近づきましょう。
そしていま独身の女性は、先人が残した教訓を、
決してムダにしないでください。


もちろんこのブログをよく読み、
内容を頭から否定せず、考えてみてください。
実践できればきっと長く愛される生活が続けられます。
そのとき、たとえあなたは収入が少なくても、
「貧困女子」ではないはずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在14位前後です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。