2017年8月14日

自分の仕事で悩んだら

(読了目安1分)人気ブログランキングへ


「今の仕事を続けるべきかどうか」
「自分の仕事が社会の役に立っているか」

など、仕事について悩んだ時のヒントです。


その仕事について悩んだ時は、

「自分の親や子供、パートナーがその仕事をしていてもいいか」
「自分の仕事を他人に言えるか」

こう考えてみましょう。


「その仕事をしていてもいい・自分の仕事を他人に言える」
と思えるなら、悩まず胸を張ってその仕事をしてください。


逆に、そう思えないなら、違う仕事を視野に入れることも必要かもしれません。


誇りを持って生きていくことは、目先の現金収入よりも大切な場合があります。
自分の仕事が誇れないものなら、仕事を考え直すのもひとつの方法です。



備考1:
以前も書きましたが、好きな仕事をしているかどうかの目安として、
以下のように考えてみてください。

「一億円当たっても今の仕事を続けるか」

この答えで本質が見えてきます。



備考2:
自分を癒せていない人が社会に出ると、
社会の負担になる場合があります。

「仕事をしていないと周囲の目が気になるから」
「親がうるさいから仕方なく」

などの理由でムリをすると、いつか心が悲鳴をあげます。
「仕事をしないことが社会貢献になることもある」
ということも忘れないでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在16位前後です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。




子どもたちは今日の昼も流しそうめんを楽しみました(妻撮影)
午後は親戚一家と一緒に海で泳いできたようです
(お盆営業のため、マスターはずっと厨房で調理していました)