2017年8月8日

欲しいもの

(読了目安2分)人気ブログランキングへ


「欲しいもの」があったら、行動し、
それを手に入れるための「努力」をしてみましょう。


努力して手に入れないと、
それを大切にしませんし、価値がわかりません。


みなさんは、きっと
「願えばサンタクロースがプレゼントを運んできてくれる」
とは信じていませんよね。


そう、それが大人です。


子供は、夢の世界で生きていてもいいですが、
大人は、夢の世界で幸せを見つけるのではなく、
現実の世界で幸せを見つけなければなりません。


子供には大人が幸せを運んでくれますが、
大人には、誰も幸せを運んでくれません、
だから手に入れるための努力が必要なんです。


大人になりきれない大人は、
いつまでも子供でいようとあの手この手を使います。
たとえば、自分が子供でいるために、「神」を作り上げ、
「神が幸せを運んでくれる」と信じようとします。
また、まるで不都合を親のせいにする子供のように、
神や悪魔のせいで自分の生活がうまくいかないと嘆いたりします。
自分の責任で幸せになることを放棄し、
不幸の責任を神や悪魔のせいにしようとします。


しかし、大人になってしまったら、幸せは誰も運んでくれません。


「大人の自覚」と共に、あなたは「現実」を見なければならなくなりますが、
「あ~あ、夢がない話だなあ」と悲観することはありません。
現実を見ず、夢の中で生き続けようとする人たちがなにをしているか、
毎日のように様々なニュースで見ている通りです。


欲しいものがあるなら、いつまでもサンタさんにお願いせず、
自分で努力して手に入れましょう。


・・・


さて、人が欲しいものはなんでしたっけ?
地球で一人きりになった時に欲しいもの、
それが本当に欲しいものです。
そう、欲しいものは、「パートナー」でしたね。


本当に欲しいものが手に入るなら、
他にはなにもいらないはずです。


いまあなたがこだわっているものは、
本当に欲しいものを手に入れるための
「手段」にすぎないんじゃないでしょうか?
仮に地球で一人きりになった時、あなたのこだわりが
「パートナーを手に入れること」より大切かどうか考えてみてください。
あなたのこだわりが、「パートナーを手に入れること」より大切なら、
こだわり続けるあなたは、間違いなく「幸せ」なはずです。
しかし、「パートナーができないから、仕方なくそれにこだわっている」
のだとしたら、いつもストレスを抱え、幸せになることはできません。
本当に欲しいものを手に入れるための努力をしていないからです。


それは、「こだわり」と言うより「諦め」ですから、
今のこだわりから一度解放されてみるのも大切です。


今、自分は、本当にやりたいことをやっているのか、やっていないのか。
長く愛されるのは、本当にやりたいことをやっている人です。
自分が欲するものはいったいなんなのか、もう一度考え、
それが理解できたら、手に入れるための努力を始めてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在23位前後です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。



毎年8月8日午後8時からの花火大会に行きました
(南伊豆町弓ヶ浜にて)

















ちょうど誕生日のスタッフがいて、いい記念になりました


















帰宅後、月明かりがきれいだったので
スタッフの一眼レフを借りて長時間露光撮影をしました
最近のデジカメの性能の良さを痛感します
(マスターは1万円のコンデジしか持っていません)