2017年8月6日

的外れな浪費

(読了目安2分)人気ブログランキングへ

みなさんが住む地域で、大規模開発が行われるとします。


そのとき、

「工事を無事に終わらせるため、人柱(ひとばしら)が必要です。
その土地の神様に人間の命を捧げれば工事は無事に終わります。
あなたの命を捧げてくれませんか?」

こう指名されたら、困りますよね。
あなたの命と工事の成功とは無関係なわけですから。


しかし、「人柱」という言葉があるように、昔の人類は、
人や動物の命を神に捧げ、いろいろなお願いをしてきました。


命を捧げる理由は、たとえば

「太陽を昇らせるため(アステカ文明)」
「雨を降らせるため(雨乞いの儀式)」
「工事を成功させるため(人柱)」

などありますが、まとめて極論すれば、
人類が、自分たちの「不安をごまかすため」です。


いけにえは、現代人から見れば「的外れ」ですが、
的外れだと考えるようになったのは、
人類が物事の仕組みを理解したことが主な理由です。
太陽の動きも、雨の降る降らないも、工事の成功も、
人の命とは無関係だと認識しているわけです。
しかし昔の人は、物事の仕組みを理解できなかったため、
不安をごまかすために、「命」を浪費してしまったんです。


やがて物事の仕組みを知ったことで、いけにえを捧げなくなり、
その結果、「命」という的外れな浪費をしなくなったわけです。

「物事の仕組みを知ると不安がなくなり、
的外れな浪費がなくなる」

ということです。


実は現代でも、物事の仕組みを理解していないことが原因で不安になり、
不安をごまかすために、的外れな浪費をしている人が多くいます。
典型的な例が「スピリチュアル業界・宗教・自己啓発業界」です。
他にも、不倫やペット、お酒、ギャンブルなども、的外れな浪費です。
これらは、人間が「人の心・社会の仕組み」などを理解することで、
無用になるものだからです。

※不倫は、仮に妊娠して中絶した場合、主に命の浪費につながります
※ペットは、状況によっては人間の欲のために利用されるので
「いけにえ」と同じです


スピリチュアル業界や一部の宗教は、いまだに、
太陽神に人命を捧げていた時代と似たようなことをやっています。
実際、スピリチュアルリーダーや教祖に言われるままに、
数万円、数十万円と浪費している人は後を絶ちません。
外見的に美しい女性・若い女性などは、
場合によっては指導者の愛人になったりもしています。


仮にあなたが、数万円、数十万円と、スピリチュアルや宗教に浪費したとします。
あなたはそれでなにを手にしたでしょうか?
自分の成長を実感したでしょうか?
自信に繋がったでしょうか?
愛を発信できる人になったでしょうか?


また、その浪費が次の浪費のきっかけになっていませんか?
お金を使うことが一時的な痛み止めになっても、
すぐに次の痛みが始まりませんか?


人の心や社会の仕組みを理解し、的外れな浪費から卒業してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在25位前後です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。




じいじとばあばが主催する、この夏2度目のバーベキュー
子供たちも楽しみにしています



















前回より多く、総勢14名でした
この時期マスターは毎日忙しいのでゆっくり参加できませんが
アイスコーヒーとパッションフルーツジュースを持参し、
少しだけ雰囲気を味わいました