2017年8月24日

マスターが聴いた音

(読了目安5分)人気ブログランキングへ


今後しばらくの間、主に、脳の「変性意識状態」について書こうと思います。
不可解なことや神秘的なことなどを、しっかり見つめるための話です。


近年、脳科学の飛躍的な発展によって、脳の謎が次々に解明され、
人類は、これまでの考え方を変えなければならない時代に突入しています。


たとえばみなさんは、

「金縛りは悪魔の仕業です」・・・

こんなことを言っている女性と関わりたいと思いますか?
・・・もちろん考えちゃいますよね。


数百年前までは、親から子へ代々、「金縛りは悪魔の仕業」
という言い方をしていてよかったんですが、
医学や脳科学の発展によって金縛りの仕組みが解明され、
人類はそれまでの考え方を変えました。


現代、「金縛りは悪魔の仕業です」では周囲が引きますから、
そんなことを言っている女性は、長く愛されるどころではありません。
せいぜい「ぼくもそう思うよ、悪魔の仕業だよね」
と近づいてくる男性と意気投合した気にさせられ、
その男性の利益のために利用されるのがオチです。


しかし、現代でも、上記青文字と似たようなことを
本気になって言っている女性は少なくありません。
特にスピリチュアル系の世界に興味がある女性は要注意です。
また「幻聴・幻覚」など、普段の生活で理解しにくい現象を経験したとき、
その体験を「神や悪魔の存在の証明」と信じ、
宗教やスピリチュアルの世界に没頭する人もいます。


そんな人たちに、マスターの経験から、
より本質に近づくためのヒントを書きます。
このシリーズを読んだあと、みなさんの「言葉」が変わります。
これをヒントに一歩でも愛に近づいてください。



◎マスターが聴いた音

みなさんは、「幻聴・幻覚」の体験、したことありますか?


マスターはあります、2回ほど。
もちろん薬物によるものではありません。


1回目の体験だった「幻聴」は、今から30年以上さかのぼります。


中学生だったマスターは、毎日のように、
気に入った音楽を聴きまくっていました。


当時発売されて間もないソニーの「ウォークマン」を持ち、
通学の電車内でもずっと聴いていました。


パッと思い出すのは・・・脈絡がないですけど・・・
「ABBA(アバ)」 「オリビアニュートンジョン」
「ディープパープル」 「アリス」 「佐野元春」 などです。


このころ、マスターは授業中も休み時間も、
常に音楽のことばかり考えていました。
ある晩、いつものように音楽を聴いたあと、
ベッドに入って眠りかけたとき、
全くオリジナルの曲が一曲、頭の中で演奏されたんです。


一度も聴いたことがない曲で、
しかもマスター好みのいい感じの曲だったんです。
もしマスターがミュージシャンなら、その場で譜面を書き、
自分の曲として世に出していたでしょうね。
そして大ヒット後のインタビューでこう言います。


「ある日突然完璧なまでの旋律が天から降りてきました」

「これはきっと音楽の神様からの贈り物です」 

「音楽が好きなぼくのために、音楽の神様が微笑んでくれました」

「音楽の神様はたしかに存在します」


・・・


・・・マスターが上記のオリジナル曲が流れる現象を
「変性意識状態から起こる幻聴」と理解したのは、
それからずいぶん時間を経た2006年、「光の体験」をしてからでした。


中学生のマスターが、もし音楽の神様の存在を信じていたら、
音楽の神様にお供え物をしたり、お祈りの時間を作ったり、
神社に参拝したり、神様グッズを買い集めたりして、
音楽の神様を中心にした生活になっていたかもしれません。
一歩間違えれば、「金縛りは悪魔の仕業です」と言う人と同じです。
そうなる前に、「変性意識状態」という言葉に出会え、
冷静な判断ができ、とてもラッキーだったと思います。



◎「変性意識状態」について

「変性意識状態」とは、「意識と無意識の境目」のような脳の状態をさし、
様々な不思議体験の原因となり得る状態と言われています。
「トランス状態」とも言われています。


簡単に言うのは難しいですが、
「寝ているのか起きてるのかわからない状態」
「通常の意識とは違う状態」
「なんでもあり状態」
などです。


昔は、変性意識状態になりやすい人が、
祈りやお酒の力を利用し、「神から啓示・神託」を受け、
その言葉を政治に利用していたようです。
「神がああ言っている、こう言っている、だからみんな従おう」
という感じです。


昔の人は神をおそれていたので、
「神のお告げ」ということにすると、
民衆はひとつにまとまりやすかったんでしょうね。



◎変性意識状態だとなにが起こる?

変性意識状態になると、うまくいけば、
マスターみたいに、中学生でも一曲全部作曲できてしまうんです。
そして、その曲を譜面にする力があれば「作曲家」になれるわけです。


マスターが、音楽に夢中だった時に音楽が聴こえたように、
興味がある分野の意識が強く影響するらしく、
仮にスピリチュアル系の世界の人なら
「宇宙と繋がった」「神を見た」「悟った」なんて感じるようですし、
音楽家なら、神からの贈り物(音楽)を受信できるようになります。
また、画家なら、美しい配色や構図などのアイデアが浮かぶかもしれません。
さらに、文学作家なら、感動モノの作品が瞬時にできるでしょうし、
物理学者なら、新しい物理の法則を発見するかもしれません。


普段の思考の状態ではありませんから、
普段の自分にできないことができてしまうんです。
多くの人が、尋常ではない感覚を体験し、
大きな力や神の存在などを信じられるようになると言われています。
マスターの変性意識の場合は、「神」ではなく、
1回目が「幻聴(音楽)」、2回目が「幻覚(光)」でしたけどね。


次回、「変性意識状態」について、「その状態になる条件」や
「なった時の感覚」など、さらに書き進めます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在13位前後です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。




午前中、家族とスタッフで、下田まで買い物に行きました


















晴れていて気温も高く、夏休みらしい天気でした


















妻は知人から貸しコテージの掃除を頼まれ
息子と2人でお出かけ

















目の前が海のガラス張りのコテージです
手すりのないウッドデッキもドキドキ感があります

















妻が掃除をしている間、息子は夏休みの宿題をしていたそうです

















ばあばが「大きいマシュマロよ!」と買ってきてくれたので、
夕食後みんなで焼いて食べました
アメリカのメガサイズだそうです

















夏休み・・・毎日バタバタとにぎやかに時間が過ぎていきます