2017年6月8日

優れた才能と出合ったとき

(読了目安1分)人気ブログランキングへ


どんな分野でも、「自分より優れた才能」を持つ人がいます。


そんな「優れた才能」と出合ったとき、その反応には、
大きく分けてプラスとマイナスの2つがあります。


<プラスの反応>
〇自分の未熟さをバネに、さらにやる気になる
〇その才能のすごさに感動して、目標にする
〇才能の素晴らしさを尊敬する


<マイナスの反応>
〇自分の才能のなさに自信をなくす
〇相手に嫉妬し、引きずり下ろそうとする
〇ひがみやイライラでストレスになる


みなさんはどっちのタイプですか?


長く愛されるのは、前者です。


優れた才能と呼べるものには、「生まれつきのもの」も多くありますが、
努力によって得られたものも多くあります。
それなりの努力を積み重ねてきたことで、その人の才能は
「優れた才能」と言えるまでになりました。
そこを忘れると、後者のような反応になってしまいます。
後者のような反応は、自分の価値を落とすことにもつながります。
優れた才能と出合ったとき、前向きに、元気に、そして幸せになれるあなたでいてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。