2017年6月28日

理解されたい

(読了目安3分)人気ブログランキングへ

自分を理解してくれる人がそばにいたら、
とても心強く、安心できますよね。


でも「理解されたい」と思うだけでは、その思いはかないません。
どうすればいいんでしょうか・・・


・・・


大人の愛は「先払い」ですから、自分を理解してもらいたいなら、
先に相手を理解する必要があります。


あなたが「あの人」を理解できないなら、
「あの人」があなたを理解できなくても仕方ありません。


「私は常識的です、あの人が非常識なんです」
と言えば、きっとあなたも同じように言われます。


あなたにできることは、あなたが「あの人」を理解できないのと同様に、
あなたも、「あの人」から理解されないこともある、と理解することです。


「私は周囲から理解されないこともある。
私が周囲を理解できるようになったとき、
周囲も私を理解するだろう」

こう考えることができれば、たとえ現実はどうであれ、
あなたのストレスはなくなるはずです。


というか、あなたが相手を理解してしまえばそれでいいんです。
「あの人は私を理解できる人ではない」と理解してしまえば、
「理解されたい」という欲もなくなりませんか?


・・・さらに一歩踏み込んで考えてみましょう。


あなたは、「大人の思考の人」から理解されれば充分じゃないでしょうか?
子供の思考の人から理解されることは望んでいないはずです。
そうであれば、大人の思考の人は、すでに全員があなたを理解しています。
人を理解できるのが、大人の思考の人だからです。
あなたを理解できないのは、子供の思考の人たちです。
そしてあなたが誰かを理解できないなら、
それはあなたが子供の思考だからです。


現在大人の思考の人は、元子供の思考の人ですから、
子供の思考の人の気持ちを理解できます。
現在子供の思考の人は、まだ大人の思考を知りませんから、
大人の思考の人の気持ちを理解できません。
人を理解できないのは、本人が子供の思考だからです。


大人の思考の人は、自分も含めて「人の不完全性」を理解しています。
ですから、あなたが不完全でも、それを当然のように理解できます。
人間の理解力が不完全だということも理解した上で、
「それもありだね」と理解しているんです。


世の中には、あなたを理解できる人は必ずいますが、
70億人から理解されようと思わないでください。
極論すれば、「私を理解してくれている」と
心から信じることができる人が一人でもいれば、あなたのストレスはなくなります。
あなたが大人の思考になり、大人の思考の人をパートナーにすれば、
「理解されたい」という欲はなくなるわけです。


よかったら以下も参考にしてください。
大人の思考 子供の思考



余談:理解しているフリをする人

あなたを理解しているフリをする人には気をつけてください。
ほんの一例ですが、あなたが女性の場合の典型例は、
「おごるよ、二人で飲みに行こう」
という男性です。


こう誘うのは、あなたを理解しているフリをしている人です。
弱っているときに誘われると、
「私のこと、わかってくれるのね」
なんて思ってしまう人も多いですが、
あなたも、自分の価値を下げてしまうだけです。


以前も書いたように、「会議」でお酒を飲むことはありません。
・・・その理由はわかりますか?
会議は、大切なことを真剣に話し合うための集まりだからです。
お酒を飲むということは、「大切ではないことを不真面目に話す」ということです。
誘う人も応じる人も子供の思考ですから、
その二人にどんな未来が待つか考えるまでもないことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在16位前後です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。