2017年6月24日

給料をもらって謝る練習

(読了目安3分)人気ブログランキングへ


みなさんはいま、組織に入って仕事をしていますか?
組織の中で働くと、順調に仕事ができれば褒められる反面、
ミスばかりして叱られる事も多々あると思います。


特にこの春から新しい職場に入った人たちなんか、
謝るのが仕事みたいになっていたりするかもしれません。
今回はそんなみなさんに、「お得な話」です。


「ミスして謝ってばっかり、
叱られて謝ってばっかり、
あたしもうイヤ!」


と思っているかもしれませんが、


あなたはそれでも給料をもらえています。


これって「お得」なことかもしれません。


マスターのように、個人経営の店では、「謝る」イコール「損失」です。
そして、責任は全て自分で取る必要があります。
(それでもマスターは個人事業が好きでやっていますけど)


しかし、会社などの「組織」で仕事をしていれば、
たとえあなたがミスをしても、対外的な責任は、会社がとってくれます。


しかも、給料は基本的に減らないんです。


「私、毎日毎日謝ってばかり・・・」、こう思うかもしれませんが、
あなたは給料をもらいながら謝る練習ができるわけです。
若いうちは未熟ですから、ミスもたくさんします。
しかしそのミスは全て会社が責任を負ってくれ、給料は減りません。


いま、仕事で叱られることが多い人は、
謝りながら給料をもらえる「幸せ」に気づくことができれば、
ストレスも少しは減るはずです。


また、ある程度の仕事の矛盾に耐えるのも、結局は仕事のうちです。
本来、矛盾はあってはいけませんが、
人間は完璧な生き物ではないので、その人間が構成する会社でも、
必ずと言っていいほど、矛盾が出てきます。
これまでに自分がしてきたことを思い出し、
自分に矛盾があったか、なかったかと考えれば、
会社での仕事や人間関係がどんなものか、想像できると思います。
明らかな不法行為は別として、グレーゾーンの仕事はなくなりません。
言っていることとやっていることがおかしい人もたくさんいます。
矛盾に腹を立てるか、スルーできるか、
これでストレスの溜まり方が違ってきます。


実は最近、会社で連日怒られて、
神経症になってしまった人の話を聞きました。
食事が喉を通らなくなり、短期間で数キロ痩せてしまうほどの症状でした。


もしみなさんが、「まだなんとかなる状態」なら、
悪化しないうちに思考をシフトしてしまいましょう。


「怒る人」というのは、必ずどこか寂しい人ですから、
怒る人の背景を考え、

「寂しいんだろうなあ」
「まだ大人になりきれていないんだな」

と共感することができれば、きっとストレスも少なくなるはずです。


それでもストレスを感じるなら、この際、

「給料をもらって謝る練習ができる」

ということを思い出してみてください。



整理してみましょう。


一番いいのは、

「怒られないようにする」

ということです。

しかしそこは、怒る人も怒られる人も不完全な人間ですから、
精一杯努力しても間違えてしまうことはあります。
怒る側だって、間違えて怒ってしまうこともあるんです。


生きていく以上、怒られることは避けられないかもしれません。
ですから、次にできることは、


「怒る相手に共感する」、


そして最終的には、


「給料をもらって謝る練習ができると考える」、


これらの方法で、少しでもストレスを溜めないようにしてみましょう。


ストレスを発散する生き方よりも、
ストレスを溜めない生き方が、より愛に近い生き方です。



◎番外

「番外」と言えるかもしれませんが、周囲の空気が読めない人、
いわゆるアスペルガーやADHDなどの人は、
周囲を怒らせることは充分にありえます。
そんな人は、「発達障害」の診断を受け、疑いがあると診断されれば、
それを周囲に公表することで、自分も周囲も楽にすることができます。
また、発達障害の二次症状として、「うつ病」があります。
怒られてばかりで「うつ病」の疑いがある人は、それ以上状況が悪化する前に、
発達障害について調べるのもありだと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
現在18位前後です。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。




マスターは相変わらずのんびりと田舎暮らしです。


今朝子供たちはおばあちゃんとジャガイモ掘りへ
妻は雨どいの修理


















びわが旬で、そのへんでたくさんとれます
これは甘くておいしい木のびわ