2017年5月18日

ダイエット 2

(読了目安5分)人気ブログランキングへ


※「ダイエット」カテゴリーは、長く愛されるための「本質的」な内容です。
なにかを売りつけようとか、商業的なバナーに誘導することもありません。
安心して読んでください。


◎楽をして痩せることはできません

「大人」はみんなわかっていることですが、楽をして痩せることはできません。
「楽して痩せられる」と言っているのは、商売としてダイエット関連商品を売っている業界です。


人は「楽して痩せたい」と願いますから、ダイエット業界は、
「うちの商品なら楽して痩せられます」と宣伝します。
それで、実際はどうでしょうか・・・
数千円、数万円の商品を買って少し痩せても、またリバウンドしませんか?
ダイエット業界は、そうやって利益を上げています。
儲けるには、太った人は、太ったままにしておく必要がありますから、
ダイエット業界がすすめる方法では、ほとんどの場合、
小幅なダイエットを繰り返すことになります。


太る人は、「目先の快楽を追いかけるため・目先の苦痛から逃れるため」に食べます。
「楽をしようとして食べ、食べた結果太った」ということです。
「楽」を追求して太ったわけですから、痩せたいなら、
その反対の「苦」は当然です。


ダイエットに「苦」はつきものなんです。
しかし、その「苦」をどう捉えるかは、本人次第です。
ダイエットの苦痛を「希望のある苦痛」だと捉えることができるかどうかがポイントです。
たとえば登山の苦痛は、頂上までは苦痛の連続ですが、そこに頂上があると信じることや、
到達したときの爽快感や達成感を信じることで、克服できます。
それと同じように、ダイエットの苦痛を、「希望のある苦痛」として捉えることができれば、
ダイエットは成功します。
いずれにしてもダイエットの基本は「苦痛」です。


「楽して痩せることはできない」、これが本質です。



◎みなさんのダイエットは?

さて、みなさんのいままでのダイエットはどんな感じですか?


以下、マスターが経験した、典型的な「子供の思考」のダイエットの例です。


だいぶ前ですが、女子高校生2人(Aさん・Bさん)が、
「夏までにどうしてもダイエットを成功させたい」と、マスターのところに来ました。
実はマスターの言うとおりにダイエットをやった場合、
成功率は100%で、一度も失敗したことはありません。
全てのダイエットが、目標の日に、目標の体重から200グラム以内の誤差で成功しています。
高校生2人はその事を知っていて、マスターに頼みに来たんです。


A・B 「本気でやります!死ぬ気でやります!絶対にやってみせます!」

マスター 「よし、やろう!」


1年間で10キロの減量を目標にし、夏までにまず5キロを目標としました。
食事と運動、その他細かいことをA4用紙で2ページほど書き、AさんとBさんに渡しました。
毎日トレーニングが終わった後、マスターにメールをすることが義務でした。


まずは夏までの2ヶ月間で5キロの減量、そして1年後には10キロの減量です。
2人の高校生、どうなったと思いますか?


・・・Aさんは3日でリタイヤ、Bさんは一週間でリタイヤです。


そう、これが「若さ」というものです。


実はAさんは、「倖田來未」の「夕方6時以降食べないダイエット」を試したくなったとのことでした。
「倖田來未のダイエット」にどれだけの利害がからんでいるかとか、
どれだけの商業バイアスがかかっているかなど、高校生には想像できなかったようです・・・


そしてBさんは自然消滅でした。


その後Aさんは、リバウンドで以前よりも太り、Bさんは徐々に痩せていったようですが、
目標達成の前に妊娠し、結婚しました。


マスターは以前、「占い師からの相談も受けることがある」と書いたと思います。
彼女たちがすぐにリタイヤすることは、普段の生活から、もちろんわかっていたんです。
というか、高校生レベルのダイエットなら、占い師じゃなくてもわかることですけどね。
ですが、自分の力の無さを知ることが知恵への入口ですから、
マスターは彼女たちの「ダイエットしたい」という申し出を受けることにしました。
もちろん失敗後も、怒ることはしませんでしたし、
マスターのストレスになることもありませんでした。
だって、まだ高校生でしたからね。
彼女たちが、
「自分の軽率な行動が自信と信用をなくす」
と気づいたら、それがなによりの収穫だったと思います。


ダイエットが「三日坊主」で終わってしまうのは、その動機に「愛」がないからです。
愛があればダイエットは成功します。


次回、ダイエットとはなにか、ダイエットと愛の関係などについて書いてみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。