2017年4月26日

ゆんころ(小原優花)

※はじめての方はこちらをどうぞ 16の質問
※過去のタイトル一覧はこちら タイトル一覧
※マスターが直接助言する企画はこちら 自分磨きの再挑戦

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(読了目安7分)人気ブログランキングへ

朝、ニュースを見ていて、若い女性に人気の「ゆんころ」という女性の記事を読みました。
「ゆんころ」は「小原優花」というモデルさんの愛称だそうです。


調べてみると、彼女に憧れている女性、
特に、鍛えられた体型に憧れている女性が多いということがわかりました。
なので、マスターなりのメッセージを贈りたいと思います。


※以下は、否定的な内容ですが、あくまでも、
「長く愛される」という視点から書いたマスターの個人的な考えです。
「ゆんころ」個人を批判する意図は全くありませんので、誤解のないようにお願いします。


いきなり結論のようなことを書きますが、
ゆんころの世界は商業の世界であって、愛から遠い世界です。
彼女がメッセージを発信すると、それをなぞるようにジム通いをする女性や、
ダイエット&美容系食品を買う女性が増えると思います。
また、彼女のファッションや彼女が行く場所にも賛同者が増えると思いますが、
ゆんころが発信する情報を追いかけているうちは、長く愛されることはありません。


もちろん商業の世界にどっぷりつかっているゆんころ本人も、
愛から遠いところにいます。
彼女はおそらく幼少期か思春期に受けた心の傷があり、
そこで生まれた承認欲求を満たすために奔走している状態だと思います。
彼女は「愛玩目的」で犬を飼っているようなんですが、
もし自分の意思で飼っているとしたら、これは長く愛されていない女性の典型例です。
長く愛されている女性は、愛を知っていますから、
わざわざ生き物の命を無駄にはしません。


以前、50万のフォロワーを持つ、人気インスタグラマーの
「エセナ・オニール」という若い女性が、突然インスタグラムをやめ、
日本でもニュースになったことがあります。
「本当の自分ではない・惨めになる・商売に利用された」など、
精神的苦痛になったようですが、ゆんころも、今後本当の愛を見つけようとしたとき、
彼女と同じような心境になるときがあると思います。
(「エセナ・オニール」で検索すると、彼女の写真や記事があります)


ゆんころは、高校生や大学生が憧れる人だと思いますから、
マスターのブログの読者のみなさんの多くは、ゆんころに憧れていないと思います。
しかし、30代、40代のファッションリーダー的な存在に憧れ、
その人を追いかけている読者の方もいるかもしれません。


そんな人は、どっぷりとその世界に入り込まないように注意してください。
他人が作った看板にぶら下がっているうちは、
あなたは自分になれないからです。


自分になれないというのは、自分を認められないということです。
自分を認められないと、相手からの愛を「こんな私でいいの?」と疑ってしまい、
純粋な愛を感じることができない、ということです。


人は、誰の看板にもぶら下がることのない
「オリジナルブランド」として自立しない限り、
本当の愛を感じることができません。
ゆんころのマネをして、
「これ、ゆんころも持ってるのよ・これ、ゆんころもやってるのよ」
でもダメですし、
一流企業に勤めているからといって、
その社員証を見せびらかしていてもダメです。
東大やハーバードという看板にぶら下がっても愛されません。


人は本来、一人一人がオリジナルブランドです。
商業の世界から出る情報に流されてしまうと、そのオリジナリティーが失われます。
みなさんはオリジナルブランドになれるんですから、ぜひそうなってください。
それが、長く愛されるために必要なことです。



◎ゆんころのマネをしていると

ゆんころが流す情報をなぞるのがなによりの「生きがい」なら、
流れてくる情報のままに、お金や時間を使うのもいいかもしれません。
ジムや酵素ドリンクもいいですし、彼女がすすめるファッションもありですし、
彼女が行ったお店にも行き、この夏、2万円の水着で海に行くのもありです。
しかし、ゆんころの「マネ」では、知恵のある男性は、
あなたを一人前の人間としては認識せず、
むしろ情報に流されやすい、子供の思考の女性と認識します。


商業の世界が発信する「バイアスがかかった情報」に流されているうちは、
オリジナルブランドになることはできませんから、長く愛されることはありません。
「ゆんころみたいでかわいいね」と言いながら近づいてくる男性と短い恋愛を繰り返し、
「私はこんなにゆんころに近づいたのに、なんで長く愛してくれないの!」となるかもしれません。
その男性は、本心では、「ゆんころ」と付き合いたいんです。
しかし、自分の実力ではムリなので、仕方なく
「ゆんころに似ている女」をナンパしただけなんです。
(女性も、「憧れの俳優と付き合いたい」と思うことがあると思いますが、
男性はその欲求が女性より強くあります)



◎同じ体型になりたいなら

ゆんころと同じ体型になりたいだけなら、
以前の投稿、「本質的な努力をすれば」を読んでみてください。
ゆんころがまだ小学生の頃、ライザップなどもない時代ですが、
どのジムにも行かず、プロのトレーナーもつけず、
酵素もプロテインも飲まず、お金をかけずにできています。
当時よりインターネットが普及し、情報を集めやすくなった今、
さらにやりやすくなっているはずです。
同じ体型になりたいなら、本質的な努力を積み重ね、そうなってしまいましょう。
(まったく同じ体型は不可能です、人には個体差があるためです)

・「本質的な努力をすれば」 http://aisarenairiyu.blogspot.jp/2017/02/blog-post.html



◎まとめ

美しく、かっちりした体型が印象的なゆんころですが、
検索して出てくる水着の写真を見ると、中にはそれほど痩せていないものもあります。
おそらくコンテスト前のトレーニングをしっかりやっているだけで、
普段は、普通にいる細めの女子かもしれません。


彼女は、愛をそそぐためではなく、商業の世界で活動していますから、
この状態はいつか破綻します。
先日、マライアキャリーとジャネットジャクソンの離婚について書いた
幸せなフリ」にもあったように、幸せそうな写真のほとんどが「フリ」で、
美貌やお金があっても、心が満たされていないのが現実だと思います。
興味がある人は、ゆんころの恋愛について調べてみてください。
これまでに短い恋愛がいろいろとあり、苦労しているはずです。
今後、トレーニングで培った精神力を、愛をそそぐ力に変えて、
長く愛される女性になってもらいたいと思います。


「商業の世界」に愛はなく、あるのは、虚栄、虚飾など、
現実とは違う、「イメージの世界」です。
それに早く気付く人もいれば、30歳を過ぎても気付かない人もいます。
早く気付けば、その分、長く愛をそそぐことができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
一日一回、応援のクリックをいただけたら嬉しいです。