2017年4月18日

晴れ女・雨女

(読了目安5分)人気ブログランキングへ


「晴れ女」「雨女」、みなさんの周りにいます?
「まさに私がそうですよ!」と言う人もいると思いますが、
もしあなたが長く愛されないなら、
「本気」で、そんなことを言っているからかもしれません。


「私は本気で晴れ女よ!雨女よ!」と信じている女性がいたら、
今回の投稿は思考のシフトになるはずなので、参考にしてください。


・・・


マスターは16歳から20歳ぐらいまで、自分は雨男だと信じていました・・・
(※この場合の雨男というのは、「雨が降ってほしくないのに降ってしまう人」という意味です)


バイクでツーリングの予定の日になると、いつも雨が降って中止になる気がしていましたし、
晴れてツーリングに出かけても、途中で降ってくることばかりだった気がしていました。


そして、洗車をすると、次の日に雨が降ってがっかり・・・なんていう体験もたくさんしました。


しかし現実は違っていたんです。
大人になってから気付いたんですけど、
「自分は雨男説」は、「偶然」や「誤認」が原因でした。


まずなんと言っても、天気は人間を中心に決まっているわけではありません。
天気をコントロールする力など人間にはなく、
その天気のときに、人間がどう感じるか、どう認識するかの問題です。


マスターの場合ですが、「洗車をすると雨が降る」という印象が強かったですが、
雨が降る前の日になると、洗車をしたくなったのかもしれません。
「雨が降る前の日」と言うよりは、晴れが続いて車がホコリっぽくなってきたから
洗車をしたくなった、ということかもしれません。
それまで晴れが続いていたわけですから、
洗車をした翌日に雨になってもおかしくないということです。
天気の統計で言えば、日本では週に2回(7分の2)は雨が降ります。
洗車は通常晴れている日にするわけですから、
翌日に雨が降る可能性は6分の2と、さらに高くなります。
洗車直後は雨が降ってほしくない気持ちが強く、
6分の2の確率で雨が降っても、雨が降ったことばかり覚えているのかもしれません。


「いいえ、ちょっと待って!私だけは間違いなく雨女です」
「私が出かけると必ず雨になるんです!私こそ本物の雨女です」


という女性、います?


もし本当にそんな人がいたら、確実に社会貢献できます。
たとえば農地に行けばいいんです。
雨が降らなくて困っている地域に行き、雨を降らせるというのはどうでしょうか?
また、ダムが干上がりそうな地域で、住民の死活問題になっているときも、
雨を降らせてあげれば、関係者は喜ぶはずです。
逆に、「私は絶対に晴れ女!」と自負できる人は、
どうしても晴れが必要な場所、たとえばロケットの打ち上げ現場や、
屋外コンサートの会場に行けば、社会貢献できます。
確実に晴れるなら、100万円払っても関係者は喜びます。
そして、晴れ女と雨女が協力すれば、天気をコントロールでき、
ものすごい社会貢献ができます。


・・でも、


いざ仕事にしようとすると、たとえ「晴れ女・雨女」と自負している人でも、
急に天気をコントロールできなくなることに気づきます。


それは、

「晴れにする力や雨を降らす力が急になくなった」

ということではなく、

「本当のことに気づいた」

ということです。


本質は、人間が天気をコントロールしているのではなく、
ただその天気の中に人間がいるだけ、ということです。


自称晴れ女がロケットの打ち上げ現場に行っても、確率通りにしか晴れませんし、
自称雨女が枯渇したダムや農地に行っても、確率通りにしか雨は降りません。


どの分野でも、「本当のことに気づく」というのは、大切なことです。
本当のことに気づけば、その後の自分の言葉が「大人の言葉」に変わり、
人生が本質的な方向へ変わっていくからです。


人は、自分が使う言葉で、他人を引き寄せたり遠ざけたりします。
長く愛される人間関係には、大人の思考が必要ですから、
軽はずみに「晴れ女・雨女」という言葉を使うと、
それなりの人間関係、つまり、子供の思考の人間関係になっていきます。
子供の思考では、短期間の恋愛を繰り返すだけの人生が続きます。



◎まとめ

現代、科学技術を使って雨を降らせる実験は進んでいますが、
生身の人間には、天気のコントロールを商売にしている人はいません。
これらは、「晴れ女・雨女」がいないことを証明しています。


「晴れ女・雨女」という言葉の本質は、思い込みや誤認などの
「人間の不完全さ」が生み出したものだということです。


みなさんにできることは、「晴れ女・雨女」という言葉を耳にしたとき、
人間の不完全性を再認識することです。
人間が不完全だということを信じることができれば、自分にも他人にも寛容になれ、
結局のところ、ストレスから解放され、人は本来の力を発揮できるようになります。
本来の力を発揮できるということは、愛をそそぐことができるということです。
愛をそそぐことができるということは・・・そう、愛されるということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。


一度下がったブログランキングの順位が最近上がりはじめました。
応援ありがとうございます。
今後もクリックよろしくお願いします。