2017年3月13日

アセンションとお酒

※はじめての方はこちらをどうぞ 16の質問
※過去のタイトル一覧はこちら タイトル一覧
※マスターが直接助言する企画はこちら 自分磨きの再挑戦

----------------------

(読了目安10分)人気ブログランキングへ

みなさんは「アセンション」という言葉を知っていますか?
直訳だと「上昇」という意味らしいんですが、日本のスピリチュアル系の世界では
「次元上昇」という意味で使われているようです。
マスターがこの言葉を知ったのは2010年ごろです。
たしかそのころから、
「アセンションを終えていない人類は2012年12月22日に滅亡する」
「2012年を境に人類はアセンションする」
などという噂が流れ始めました。
よくある「人類滅亡説・終末論」だということはわかっていましたが、
「アセンション」という言葉はこのときが初めてでした。
スピリチュアル系の世界ではもっと前から使われていて、
ネット上では現在も「アセンション」という言葉が飛び交っています。



◎アセンションの定義

上にも書いたように、スピリチュアル系の世界では、ひとことで言うと「次元上昇」と訳され、
「波動・魂・地球・宇宙・次元」などというキーワードで説明されることが多いですが、
このブログでマスターが使う「アセンション」という言葉は、
「人の成長・意識改革」
などの意味合いです。
「次元だ宇宙だ波動だ」という話でないことを予め書いておきますね。


今回の投稿には、ところどころに仏教の創始者、「ブッダ」が出てきます。
記録に残る人物として、彼は「アセンション」の代表者と言ってもいいかもしれません。
2500年ほど前、現在のネパール南部に位置する国の王家に生まれた彼は、
王子だったころの様々な体験に疑問を感じ、出家します。
その後、悟りを開き、仏教を作り上げたと言われていますが、
彼はその教えの中で「お酒」を禁じています。
「アセンションした人がお酒を禁じた」というところがポイントです。


ではアセンションとお酒の話、いってみましょう。


さて、お酒を飲みながら「アセンション」ついて語っている人はいませんか?
これまで「お酒」カテゴリーに書いてきたように、
お酒を飲む行為は「次元上昇」ではなく、「次元下降」です。
アセンションは「人間の成長・意識改革」ですから、
そこを目指す人がお酒を飲むのはおかしな話です。


検索してみればいろいろ出てくるように、
世の中には「アセンションを目指す」と言いながら、お酒を飲む人が後を絶ちません。
アセンションについての話し合いの席でお酒を飲む人もいるようです。


昔、「神事」に使われていた「お酒」は、飲むにふさわしい人が少量のお酒を飲むもので、
その効果として、脳の変性意識状態を作り出し、「ひらめき(神託)」を得ていました。
実際にお酒の力で一時的にアセンションしていたんです。
ちなみに「飲むにふさわしい人」とは、お酒に負けない人、つまり、
お酒を飲んだとき、
「眠くならない・吐かない・暴れない・眠らない・頭の回転が良くなる・冷静でいられる」
などの特徴を持った人です。
昔の一般人はお酒の製法を知らず、
「お酒は神聖で、神とつながるためのツール」として価値のあるものでした。
しかし近年は誰でも大量に飲めるようになり、
お酒の価値は「ただの薬物・トラブルの元」としてガタ落ちしています。


初めに書いたように、ブッダも、お酒について説いた「大智度論」で、
「お酒は飲んではいけない、なぜなら・・・」と書いています。


「大智度論」、おもしろいですから、興味がある人は検索してみてください。
その他、
「なぜお酒を飲んではいけないか・仏教とお酒」
などで検索すると参考になると思います。
飲酒はみなさんの人生を左右するものですから、
時間をかけて理解する価値はあると思います。
ちなみに、アセンションを目指し日々努力しているはずのお坊さんでさえ、
お酒を正当化する人もいます。
お酒を卒業している僧侶たちはそんな僧侶を見てあきれているようですけど、
僧侶の世界も一般社会と変わらないことがわかり、
安心するようなしないような、複雑な気持ちになります。


さて、お酒の弊害は、マスターがこれまで書いてきたとおりで、
わざわざブッダを引き合いに出すまでもありません。
現代のお酒事情を見ればすぐにわかることです。

たとえば・・・
記憶がなくなる
飲酒運転や急性アルコール中毒で死者が出る
セクハラや暴力事件が起こる
望まぬ妊娠のきっかけになる
気づいたら路上で寝ていた
電話がかかってきてもろれつが回らない
だれかを助けに行くにも車を運転できない
電話で指示を出したら間違いだった
目覚ましが鳴っても起きられない
などです。


マスターの場合であれば、子供の急病やケガのとき、
車を運転して病院に行こうとしても、酔っているとそれができなくなります。
無理して運転すれば、単独事故ならまだしも、人身事故だってありえます。
救急車を呼んでも、親が酔っていたのでは、
消防隊員や周囲から白い目で見られ、なにより子供の肩身が狭くなります。
大きな地震があってもまともに行動できません。


「お酒」にまつわるニュースは悪いニュースばかりです。
お酒を飲むと判断力が下がり、いざというときに行動がおかしくなります。
一家の長や、社会的に指導的立場にある人であればなおさらです。
大切な場面で人を助けることができなくなることは容易に想像できます。


愛に反することは、「アセンション」ではありません。
現代のお酒は、「アセンション」という言葉とは正反対にあるものです。



◎アセンションリーダー

「アセンション」という言葉は、スピリチュアル系の世界でよく使われ、
いま、スピリチュアルの世界では、人類のアセンションをガイドしているリーダーがたくさんいます。
極論すれば、「アセンションに備えて○○をしましょう」とか、
「アセンションには○○が必要です」などと言って人々をガイドするわけです。
そんな彼らがもし「お酒」を飲みながらアセンションを語っていたら、
単にお金目当ての「商業リーダー」だと思ってください。


マスターは「占いカテゴリー」の中で、
「お金をもらってあげることも相手のため」と書きました。
しかし、アセンションなどの指導者の中には、
その範囲を超える大金を払わせる人もいます。


宗教的なリーダーも「アセンションリーダー」と言っていいです。
お酒を飲んでいる教祖やお坊さんの言うことは、もちろんスルーした方がいいです。
たとえば以下のような話があります。



◎お酒とお坊さん

マスターの妻のことを、「お姐」と呼んで慕ってくれるイベントコンパニオンの女性がいます。
その女性、以前、お坊さんの忘年会に「お酒をつぐ係り」として、旅館の一室に呼ばれました。


お酒をつぐ係り?・・・


お坊さんたち、その時点でアウトですが、それだけではありませんでした。


その旅館のメニューにない高級食材を特注したり、
コンパニオンに対する言葉遣いが横柄だったり、説教じみたりしていたそうです。
そのコンパニオンは、いろいろな人とお酒を飲むことがありますが、
彼女が言うには、「ラブホテルチェーン店の社長の方がよほど礼儀正しかった」とのことでした。


普段の質素な食事がかなりストレスになっているんでしょうか・・・
とにかく、お酒を飲む偉そうなお坊さんがいるのは事実のようです。


アセンションするために出家などする必要はありません。
というか、出家してもアセンションできていないお坊さんがいるわけですし。
アセンションは、普段の生活を丁寧に送ることで、だれもが実現できるものです。
飲酒とか出家とかナシで、ただ愛とはなにか考え、実践するだけです。
アセンションに興味がある人は、どうかそのことを間違えないようにしてください。
お酒を飲みながら愛やアセンションを語るリーダーは、
表向きにはキレイなことを言いますが、内側では人を批判し、
「上から目線」で物事を評価し、俗的な欲から卒業できていない人です。


話は戻りますが、ブッダは、「人類にとってお酒が障害になる」とわかっていました。
お酒はアセンションの邪魔になるということです。
マスターも、過去の体験から、やはりブッダに同感です。
彼も出家前は、お酒絡みでさんざん遊んだんでしょうね・・・なんたって元王子様ですからね。




◎飲まない理由

お酒を飲む人を「アセンション前」、飲まない人を「アセンション後」とした場合、
アセンション後の人がお酒を飲まない理由は簡単です。
簡単に言えば「不要だから」です。
細かく言えばいろいろありますが、基本的に「不要だから」、本当に、ただそれだけです。


人がお酒を飲む理由は、「ストレスの解消・楽しむため・リラックス」などですが、
アセンションした人は、ストレスを溜めない方法を知っているので、
ストレスを解消する必要がありません。


お酒がなくても楽しめますし、お酒に頼らずリラックスする方法も知っています。
というか、「お酒でリラックスする」という考え方は、メディアが流したもので、
実際は「お酒ではリラックスできない」ということは、「大智度論」にその解説があるだけでなく、
マスターも自分で経験して理解しています。


アセンション後の人は、「お酒の弊害」と「お酒以上の楽しみ」を知っていて、
本当にお酒を飲まなくても楽しく生きていけるんです。



◎擬似アセンション

お酒には、「変性意識状態(脳の異次元感覚・いつもと違う感覚)」を作り出す効果があります。
うまくいけば「擬似アセンション」が体験できますが、たとえば

どんな体質の人が、
どんな体調のときに、
どんな種類のお酒を、
どのぐらいの量飲んで、
どのぐらいの時間が経てば、
良い意味での変性意識状態になるか・・・

など、ほとんど終わりが見えない数の実験をしていかない限り、結論は出せません。
しかも人間は常に体調が変化していますから、
運良く「これだ!」という条件がわかっても、それを再現することは不可能です。
つまり、お酒を使って良い意味での変性意識状態を体験することはほとんど不可能なんです。
擬似アセンションを目的としてお酒を飲むことは、毎回「賭け」のようなもので、
自分にぴったりの変性意識状態を探す作業だけで、一生を費やしてしまうわけです。
芸術家や芸能人が、自分のパフォーマンスを上げ、新しい作品を作ったり、
心の中の壁を越えたりしようと薬物に溺れ、覚せい剤や大麻などでよく捕まっていますが、
それがいかに愛ではないかわかると思います。


「変性意識状態」は、脳の状態を指していますから、人は、薬物がなくても、
日常生活の中で「変性意識状態」を作ることができます。
言い換えると、薬物がなくても「上の存在(※)」と繋がることができる、ということです。
ブッダはきっと、お酒(ドラッグ)がなくても、
瞑想を使って「上の存在」と繋がることができた人物だったんじゃないでしょうか。
しかも、その方法が本質だとわかっていたからこそ「お酒はいけない」と説いたはずです。
ブッダさん、なかなかやりますね、たいした男です。


「上の存在」というのは、今の人類の表現では
「神・高次元の自分・守護霊・あの世・大いなるもの」
などと表現されるようですが、これらは「変性意識」という言葉で科学的に解明されつつあります。
マスターは、「高次元の自分」という表現が本質に近いと思います。
簡単に言えば「脳のリミッターを解除した状態の自分」ということです。
ですから、いくら「上の存在」とつながったとしても、
100年後の物理の方程式・ガンの治療法などはひらめきません。
もちろん宝くじや競馬などのギャンブルの結果を神が教えてくれるはずもありません。
結局「自分」ですから、自分の潜在能力以上のことはひらめかないわけです。
「上の存在」については、いつかもう少し詳しく書きますね。



◎アセンションとお酒の関係

アセンションとお酒の関係は、昔は密接でした。
限られた人が少量のお酒を「神事」として飲んだとき、
その人は一時的にアセンションし、神からの言葉を聞くことができました。
現在はお酒が手軽に手に入るため、人間がお酒に飲まれてしまい、
アセンションとは逆の行為のために使われています。


アセンションとは、人が自己責任で幸せになることができる状態です。
自己責任で幸せになれる人が、アセンションしている人です。


お酒に頼らず、自分の責任で幸せになれたときが、
人類にとってひとつの「アセンション」と言えます。
人類のそれぞれが「私もあなたも周りも楽しい」という状態であるとき、
人類は当然のことのようにお酒を卒業しています。


アセンションとお酒は相反するものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。
一日一回、応援のクリックをいただけたら嬉しいです。



今日は病院に行きました。
自分の身体が動くうちに人の役に立っておきたいとつくづく思いました。