2017年3月11日

お酒をやめた理由

(読了目安3分)人気ブログランキングへ


現在のマスターがお酒を飲まないのは、
「大切な人を守るため」です。
家族の責任者として当然のことだと思っています。

-----------------------

お酒をやめた人にはそれぞれ理由があると思います。
「健康のため」
「医者から止められた」
「お酒にまつわる失態」
「お金がかかるから」
などが多いかもしれません。


マスターも21歳のとき、「今後絶対に飲まない」と誓った出来事がありました。
健康問題や失態ではなく、「男女関係」によるものでした。
今思えば、21歳でお酒をやめることができてラッキーだったと思います。


マスターがお酒をやめた理由は、簡単に言えば、
マスターの男友達とマスターの彼女が2人きりでお酒を飲みに行き、
その夜、肉体関係を持ってしまったことです。
・・・当時彼女を大切にしていなかったマスターが悪いんですけどね。


事実が発覚した後、その男友達を呼んで事情を聞きました。
すると、こんな答えが返ってきました。

 
「酒が入っていてつい」

「酒が入っていてよく覚えてない」


他にもいろんな質問をしたような気がしますが、
とにかく「酒」という言葉がとても印象に残りました・・・


マスターは思いました。

「酒のせいにして自分の欲を満たそうとするワケ??」

「酒を飲んでいればなにをしてもいいの?」

「口説くのに失敗しても成功しても、ぜ~んぶ酒がやったことにして逃げようとするの?」

「おまえはお酒がないとなにもできないのね。オレは飲まなくても女を口説けるもん!」


そんな理由で、お酒をやめることにしたんです。


禁酒を決意して以来、お酒を飲まないで女性を口説き続けました。
そして結婚後もずっと、お酒を飲まない生活をしています。


誤解のないように書くと、発酵食品や香り付けに使うお酒など、
「アルコール分を含む食品」を口にすることはもちろんあります。
店のメニューにあるプリンにも「ラム酒」を使っていますし、
お菓子に入っている洋酒なども含めれば、微量のアルコールは摂取しています。



◎理由はともあれ

愛されたいと願うとき、あなたが考えるべきことは、
「どうやったら人が喜ぶだろう」
ということだけです。
人が喜ぶことを判断し、その判断を実践できれば、
あなたは愛され続けます。


人を喜ばせるための実力を身に付けるには、自分を鍛える必要があります。
しかし、人生は短く、自分を鍛える時間は限られています。
自分を鍛える時間がなくなるということは、愛から遠ざかるということです。
お酒を飲んでいる間は、感覚がマヒし、判断力が鈍り、自分を鍛えるどころではありません。
お酒を飲むことに大切な時間を使っているうちは、
愛にはほど遠い状態、つまり「愛されない状態」だと理解できると思います。


人が考えるべきことは
「どうやったら人が喜ぶだろう」
です。
「どうやったらストレスを解消できるだろう」
とお酒を飲む行為は、愛とは逆の行為です。
愛されるためには、「禁酒」は必須です。
禁酒をしている人にはそれぞれの理由があると思いますが、
理由はともあれ、禁酒を続けてください。



◎クイズ

その日の仕事で溜まったストレスを、
その日稼いだ分のお金を使って解消する人はいるでしょうか?


・・・いますね。


「ストレス発散!」と言いながら、お酒に限らずギャンブルやグルメなどに、
その日の稼ぎを使ってしまう人はたくさんいます。


この状態では、人はただ歳を取るだけでなにも生み出しません。
みなさんは、こんな人とは関わりたくないと思います。
ですから、自分がそうなってしまうことがないようにしてください。


ストレスは、「溜めないこと」が大切です。
ストレスを溜めなければ、発散する必要はありません。
ストレスを溜めない考え方の基本は「人間の不完全性を信じること」です。
これはとても大切な考え方なので、今後も書き続けたいと思います。


次回、アセンションとお酒の関係について書きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。