2017年2月13日

浮気 10 セックスの問題

(読了目安20分)人気ブログランキングへ


浮気についての話も終盤になります。
今回は、恋愛関係に欠かせない「セックス」の問題について書こうと思います。
主に、若い女性に向けて、男性の浮気を予防するための方法や考え方などを書きます。
妊娠中や子育て中の女性にも参考になります。
読むのに20分程度かかりますので、できれば時間をとってゆっくり読んでください。

以下の6話です。

◎100%受け入れる
◎技術
◎アダルトサイト
◎アブノーマル
◎心の開放
◎目的を間違えないように

ーーーーーーーーーーーーーーー

◎100%受け入れる
疲れているときやイライラしているとき、または生理中や妊娠中、
パートナーから「セックスしたい」と言われても、断っている女性はいませんか?

・・・

あるポカポカ陽気の朝、あなたは彼氏とドライブに出かけました。
しばらく走っていると、助手席のあなたは、眠くなってきました。
なんとか彼氏と会話を続けながら、あなたは「あー気持ちいいなあ、眠いなあ」と思っています。
なんとなく気が引けてしまうため、自分からは「寝ていい?」と尋ねることはできず、
あなたとしては、彼氏から「寝ていいよ」と言ってもらえると最高の状況です。
しかし彼氏はあなたの様子に気付くことなく運転を続けています。

そこであなたは勇気を出して彼氏に言いました。

「眠くなってきたんだけど、寝ていい?」

このとき、あなたは彼氏になんと言われたら嬉しいですか?

1:「もちろんいいよ、ゆっくり寝てね」と明るく優しく言われる

2:「オレが寝てないんだからおまえも我慢しろ!」と怒られる

きっとみなさんは、1が嬉しいはずです。
彼氏は、自分が眠くても退屈になっても、
せめてあなただけでも睡眠をとってもらいたいと思っているわけです。
もちろん1の答えが「愛」ですから、あなたは彼のことを一層好きになるはずです。

この話を、「セックス」に置き換えてみてください。
男性は、オスとして健康なほど、常にセックスしたい状態(※)です。
(※「浮気 6 なぜ浮気をするか」の第一話「◎本能的にどうしようもない」を参考に)

常にセックスしたい男性の気持ちを、
助手席で眠くなっているあなたの状態だと思ってみてください。
運転席の彼氏にどんな都合があろうとも、あなたは眠いわけです。
同じように、男性は、女性にどんな都合があろうとも、常にセックスしたいんです。

さて、ドライブ中に眠くなったあなたは、そのことに彼氏が気付いてくれないため、
勇気を出して「寝ていい?」と尋ねました。
そのとき、「オレが寝てないんだからおまえも我慢しろ!」と言われたら、
とてもイヤな思いをするはずです。
逆に「いいよ」と言ってもらえたら、これほど嬉しいことはないはずです。

同じように、セックスしたくなった彼氏は、その気持ちにあなたが気付いてくれないため、
勇気を出して「セックスしよう」と誘いました。
そのとき、「なに言ってんの、アタシ疲れてんだからアンタも我慢しなさいよ」と怒られたら、
とてもイヤな思いをすることは明らかです。
逆に「いいよ」と言ってもらえたら、これほど嬉しいことはないはずです。

付き合い始めたときは、あなたが助手席で眠くなっても寝かせてくれた彼氏が、
やがて
「オレが運転してるんだからおまえも起きてろよ、それが運転手に対するマナーだろ」
と言うようになったら、あなたは嬉しくないですよね。
結局これと同じなことで、付き合い始めたときは、毎回セックスの要望に応えていたあなたが、
やがて「私疲れてるんだから」と言うようになってしまったら、彼氏は嬉しくないんです。

子供の思考の女性は、体調が優れないときや機嫌が悪いときは、
パートナーの要求に対して頭ごなしにこう言います。

「疲れてるんだから寝かせてよ!」
「そんなに元気ならもっと働きなさいよ!」
「アンタ性欲ありすぎ、たまには休ませてくれない?」
「えーーー?だって生理中だからさあ」
「シャワー浴びるのめんどくさいからダメ」
「やらなきゃいけないの?」

少し大人の思考を持つ女性でも、
「ごめん、今日ちょっと疲れてるんだ」
と、表現は柔らかくても、結局は全面的に彼氏の言葉を拒否します。
男性としては、付き合い始めのころは聞かなかったセリフですから、
突き放された感じがするんです。

子供の思考の女性は、
「私も気持ちよくなりたい」
「アンタだけずるいわよ」
「こうなるとまるで義務よね」
「私はアンタの性欲を処理するためにいるの?」
なんて思っているのかもしれませんが、彼女がこんな考えでは、男性は浮気するしかありません。

女性は、身体的にも精神的にも、快楽を味わうために多くの条件が必要になるのは事実です。
しかし、あなたの体調や気分が悪く、あなたと彼氏が同時に気持ち良くなれないなら、
せめて彼氏だけでも気持ち良くなれれば嬉しくないですか?
2人は、競い合う関係じゃなくて、パートナーなんですから、
「2人の合計の気持ち良さ」をなるべく多くするのが愛なんです。

たとえばこんなふうに工夫できるかもしれません。

「誘ってくれて嬉しいけど、今日はちょっと体調が悪いから、短い時間でもいい?」
「今日はアソコに痛みがあるの、口か手だけでもいい?」
「私はイケないと思うけど、それでもいいならいいよ」
と笑顔で優しく言うんです。
身体を動かすことさえ辛いなら、「あなたが動かしてくれる?」とお願いすることもできます。
とにかく全力で、笑顔で協力する姿勢が大切です。

男性としては、セックスの要望を断られたわけじゃないですから、
それほどへこまず、あなたの申し出を受け入れられます。

念を押しますが、男性は、パートナーから「拒否」されることが辛いんです。
ですから、たとえあなたの体調が悪い時でも、
男性の生理現象である「精子の排出」の手伝いぐらいはしてください。
それだけで男性は自信を持ち続け、あなたの愛を感じ、浮気の可能性が減ります。
あなたが服を脱ぐ必要なんてないんですし、最短なら数十秒で済むことですから。

「ムードがないとできないわ」という女性が多いように、
逆に、「ムードがなくてもできるよ」というのが男性です。
ムードがなくてもセックスできるという、男女の「違い」を認め、
「二人の合計の快楽」を少しでも増やすようにしてください。
「私の気分が乗らないからあなたもそれに付き合いなさい」という考え方は、
「オレが運転してるんだからお前も寝るなよ」という考え方と同じです。
この考え方では、2人の合計の快楽は「ゼロ」です。
しかし、「私の気分は乗らないけど、せめてあなただけでも気持ち良くなって」と考えられれば、
2人の合計の快楽は「プラス」になります。
これが「パートナー」です。
あなたが疲れているときや少しぐらい体調が優れなくても、
せめてパートナーだけは気持ちよくさせてあげてください。
そんな行動の積み重ねが、彼氏の自信や感謝につながります。
結果的に浮気の抑止力にもなり、将来あなたが結婚、妊娠、出産したときなどに、
夫が全面的に協力してくれるかくれないかの分かれ道になります。

参考までに、マスターの知人には、
「運転手が寝てないんだから助手席が寝るなんてありえない」
「助手席の女は寝てはいけない」
というタイプが2人いました。
2人とも浮気し、その後離婚しています。

ということで、彼氏からのセックスの要望は、100%受け入れてください。
「100%」と言っても、あなたがなにからなにまで言いなりになるという意味ではなく、
「100%射精させる」ということです。
最後の数十秒だけ口で受け止めてあげるだけでもかまいませんから、
彼氏からの要望があったときは100%射精させてあげてください。

「性」の問題は、「浮気問題」に直結しています。
「セックスは気が乗らないとできない」なとど言わず、
男性の視点からも真剣に考えてみてください。



◎技術
セックスに対して気が乗らない理由に、
「気持ち良くない・めんどくさい」というのはありませんか?
労力ばかりで快感が得られない女性は少なくありませんが、
実はこれ、お互いの技術不足が大きな原因になっていることがあります。

「セックスは大切だとわかっています、でも私はどうも好きになれないです」

これは、「セックスに心を込めていても楽しくない」と感じている人のセリフです。

なにごとも心を込めてやるのはいいんです、でも大人の世界では、結果が大切です。
仮にマスターの子供たちが心を込めて料理を作っても、
小学生の力では、マスターが心を込めて作った料理には及びません。
大人の世界では、心を込めるだけじゃなく、「おいしい」という「結果」を伴う必要があります。

これはセックスでも、とても簡単に説明できます。
パートナーから、心を込めて「的外れ」なことをやられても・・・気持ち良くないんです。
熱心さも大切ですけど、技術が伴わないと、最悪の場合、
パートナーがケガをして、痛い目に遭うかもしれません。
セックスでも、心を込めるだけじゃなく、「快楽」という「結果」が必要です。

口や手などを使って射精させようとするとき、あなたの技術が未熟だと、
男性は自分で処理する方法の他に、「浮気」を選ぶ確率が上がります。
特に、若くて男性経験が少ない女性は、熱意が空回りする傾向があります。
はじめのうちは、初々しさがあっていいかもしれませんが、
数ヶ月もすれば、男性はその初々しさに飽きてしまいます。

男性も男性でいけないんです。
女性からなにかされたとき、それが痛くてもくすぐったくても、感じなくても、
「彼女を傷つけないため」とか、「その場の雰囲気を壊さないため」などと、
あえて感じているフリをすることがあります。
でも、それでは女性の技術は向上しませんし、男性は苦痛を感じたままです。

同様に、女性も、感じているフリをし、男性を傷つけないように気をつかったりして、
快感どころじゃない場合もあります。

いつまでもそんなことをしていたら、
セックスが苦痛になります。

その状況を放置していたら、自分がどうしてもらいたいかとか、
「実はそのテク、全然気持ちよくないのよ」なんて言えないまま、
「セックスは苦痛」という位置づけで2人の関係が進んでしまいます。

「セックスは技術じゃない、気持ちの問題よ」と言う女性もいますけど、
たしかにどちらかしか選べないなら、女性は「気持ち」をとるかもしれません。
でもすでに「気持ち」があるなら、さらに「技術」があった方がいいに決まってます。

「技術がある」というのは、少ない労力でオルガズムに達することができるということです。
少ない時間で達することができるということは、「同じ時間」を使うのであれば、
女性は何回もオルガズムに達することができるということなんです。
また、「同じ快楽」であれば短時間で到達できるため、
時間に余裕が出て、さらに2人の関係を深めるために使えます。
もちろんその時間を睡眠時間に充ててもいいんです。
苦痛なく短時間でオルガズムに到達し、その余韻のまま睡眠をとれば、
より深く眠ることができ、どれだけ身体と心にプラスかわかりません。

「気持ち」に「技術」が伴えば、いいことばかりです。

たとえばセックスに慣れていない男性を相手にすると、あなたはどうなるでしょうか?
男性が必死になって汗をかいても、結局あなたは痛いだけだったり、
くすぐったいだけだったりということになります。
1時間かけてセックスしても、あなたは1時間苦痛を感じ、
男性はただ体力を使い、疲れ果ててしまう・・・こんな悲惨な結果になってしまいます。

・・・これじゃ、次のセックスが楽しみではなくなります。

あなたの技術が磨かれることによって、男性がすぐに「快楽」を得ることができるだけでなく、
なによりも、あなたが疲れないというメリットがあります。
極端な話、それまで口を使っているときに感じていたアゴの痛みがなくなれば、
次のセックスもイヤになりません。

パートナー同士のセックスで満足できていないと、
男性は他の女性とのセックスを夢見てしまい、
女性も、「もっと大人の男性に抱かれたらどんなに気持ちいいだろう」
などと考えてしまうかもしれません。

あなたがセックスに関する技術を磨くことで、
パートナーの浮気の確率が下がることは間違いありません。
あなたがセックスの技術を磨くことは「愛」なんです。

さて、セックスの技術を身につけることの大切さは理解できたと思います。
問題は、「技術を身につける方法」ですよね。
これはマスターが直接教えるわけにはいきませんから、みなさんがそれぞれ努力してください。
アダルトビデオからも学べるところはありますけど、一番いいのは、
セックスのたびにパートナーと話し合い、練習をすることです。
相手を気持ち良くするにはいろいろな方法がありますから、
パートナーの要望に応じて工夫してみてください。

大切なのは、お互いが恥ずかしがらず、本音でトークし、研究し、絶対にあきらめないことです。

浮気に縁がないカップルは、技術を磨き、「楽しいセックス」をしています。
このことを忘れないでください。



◎アダルトサイト
パートナーに対しては、喜んで、笑顔で、アダルトサイトの閲覧を認めてあげてください。

たとえば
「私がいないときとか先に寝てるとき、
気をつかわないでアダルトサイト見ていいよ、でも私がいるときは私とね」
って言ってあげれば男性は愛を感じます。

逆に
「アダルトサイトなんて不潔よ!一度でもアクセスしたらぶっ飛ばすぞ。
チェックするから油断するなよ!」
なんて言ったら・・・翌日、パートナーは出会い系で女性を探し、そのまま浮気かもしれません。

ところで「アダルトサイト」を閲覧することは、浮気でしょうか?
女性にとっては浮気と感じるかもしれませんが、男性にとっては趣味の範囲です。
信じられないかもしれませんが、男性にとってホントに趣味の範囲なんです。

これが「男女の違い」です。

ですから、あなたは、
「私より若い女、モデル体型の女に彼氏を取られた!」
なんて思わなくていいんです。
人間にとって最後に大切なものは、身体より知恵なんですから、
アダルトサイトなんて気にしないでください。
むしろアダルトサイトぐらい認めないと、外でコソコソやるようになり、
やがて思い切った行動に出て、実物の素人女性を相手に浮気を始める可能性もあります。
「アダルトサイトを隠れて見なくてもいい」という「安心感」が、彼氏を浮気から遠ざけるはずです。



◎アブノーマルプレイ
男性は、女性との付き合い始めは特に、いろいろなプレイを試したくなります。
男性の要望は、女性の願望で例えると、
「一緒に買い物に行きたい」
「一緒に料理を作りたい」
「一緒に旅行に行きたい」
こんなものに似ているかもしれません。

あなたが、自分の要望に付き合ってもらえると嬉しいように、
あなたも、パートナーからのいろいろなプレイの要望には、笑顔で応えてあげてください。

男性から要望があるプレイ、例えば「アナルセックス」なんかがいい例かもしれませんが、
それを拒否すると、男性は他の女性で試そうとしますから、気をつけてくださいね。
要望をいきなり否定するのではなく、意欲的に挑戦ぐらいはしてください。
はじめは違和感があっても、ちょっと頑張ると新しい世界が見えてくることもあります。

ただ、
「これに応じなければ彼が浮気してしまうから、ムリをしよう」
なんて考えるのはやめてくださいね。

愛とは、「私もあなたも周りも楽しい」という状態です。
苦しいことなら、パートナーに説明して理解してもらいましょう。
また、「3人でセックスしよう」とか、第三者が入るようなプレイは、長く愛されるためには無用です。
ムリをして彼氏からの要求をのめば、次の要求がさらに過激になりかねません。

判断のヒントとしては、「これは愛なの?」と考え、愛だと思うことをすればいいんです。
愛だと思うことをするなら後悔も無理もないはずです。
あくまでもお互いが、「楽しめる範囲」でのプレイであることが大切です。



◎心の開放
女性は男性に比べ、パートナーに対する不満や不信感があると、
セックスそのものを楽しめなくなるはずです。
ですから、まず、心の状態を常に安定させ、セックスの時は心を解放してください。
心を解放すると、「性的感度」が上がりますから、
パートナーの技術も活きてきて、あなたはさらに快感に近づきます。
そしてあなたが快感に近づくほど、パートナーは嬉しくなり、男としての自信をつけます。
でも、男性に自信をつけさせるための演技をする必要はありません。
話し合いと練習をして、お互いに本当の快感を得なければ、良好な関係は作れないからです。

男性がセックスに関して自信を感じる瞬間はわかりますか?
男性が最も自信を感じる瞬間は、女性がオルガズムを感じているときですけど、
女性が失神するほどのオルガズムは、男性にとっては「男の勲章」なんです。
失神した女性を前に、男性の自信はピークに達すると言ってもいいぐらいです。
そしてそのとき男性は、自分の技術を誇りに思うのと同時に、
失神できるほど心を解放できる女性が目の前にいることを誇りに思います。

女性の失神は、男性の「技術」と女性の「感じる能力」との共同作業です。
こんな共同作業ができるカップルに、浮気なんて縁がないような気がしませんか?

「オレは彼女を充分に満足させている」という、「男としての自信」が、彼氏を浮気から遠ざけます。
心を開放し、感度を上げ、セックスを楽しんでください。



◎目的を間違えないように
いろいろなヒントを書きましたが、これらは、実行した結果、浮気の確率が下がるだけです。
浮気をさせないことを目的として頑張ると、彼氏が浮気をしたときに
「セックスは全部受け入れ、アブノーマルプレイに耐えたのに、彼はなんで浮気したの!」
と後悔することになります。

今回の投稿を参考にすれば浮気の確率が下がるのは間違いないと思いますが、
浮気の防止そのものを目的とするのではなく、愛をそそぐことを目的として参考にしてください。

人生の目的は、「彼氏に浮気をさせないこと」ではなく、「愛をそそぐこと」です。
愛をそそいだ結果、浮気がなくなります。
ここを忘れないようにしてくださいね。


以上です。


次回は、「浮気」カテゴリー最終回の予定です。
「彼が浮気をしなければ私は幸せだった」・・・はたしてそうでしょうか?
彼が浮気をしてもしなくても、あなたは幸せになれるとマスターは思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをいただけたら嬉しいです。