2017年2月1日

本質的な努力をすれば

(読了目安7分)人気ブログランキングへ

「ダイエット」カテゴリー、第一話です。
このカテゴリーをしっかり読めば、ダイエットに対する考え方が変わると思います。


結果を出すための「本質的な努力」をして、結果を出した女性についてです。


以下の2枚の写真は同一人物で、上はダイエット前、下はダイエット後です。
身長は162センチ、体重58キロから47キロに減量しました。
(全て2002年ごろの写真です 時代を感じますね)


ダイエット前 (58キロ)



ダイエット後 (47キロ)



ダイエット後は、かなり筋肉質になったことがわかると思います。
よく見ると腹筋も割れていて、ちょっとやり過ぎなところもありますが、
これは、「どうせやるならちゃんとやろう」と、体脂肪率を低めに設定したためです。


ダイエットに必要な「本質的な努力」というのは、主に、

「食事を減らす(体脂肪を減らす)」
「有酸素運動をする(体脂肪を減らす)」
「筋トレ(筋力をつける)」

この3点ですが、それに加え、

「時間をかける」
「お金を節約する」
「生活リズムを維持する」

などもあります。


以下、上記6項目の「本質的な努力」について短く書いてみます。
これらができれば写真のように変わることができます。


<食事>
それまでの食事の量を減らすだけです。
特に「ダイエット食」を用意する必要はありません。
ダイエット初期はそれまでの食事の3割減、後期は4割減という感じです。
一週間で100~200グラム減り続けるように食事制限をします。
毎週150グラム平均で減量が続けられるように食事を調整できるなら、カロリー計算は無用です。
食事はいつ食べてもOK、一日何回に分けてもOKです。


<有酸素運動>
体脂肪率を落とし持久力をつけるために、市民プールで週に3回泳ぎました。
心拍数は120~130を心がけ、1時間程度維持します。
心拍数を保つことができるなら、どんな泳ぎ方でもかまいません。
プールから見えるところに時計がありますから、ターンのときに確認し、
1秒間に2回の脈拍をキープしてください、慣れれば計る必要はなくなります。
(水泳ではなく、ジョギングでも大丈夫です)


<筋トレ>
毎日鍛える部位を変えながら、自宅で20分程度の筋トレをしました。
主に「スクワット・腹筋・背筋・腕立て伏せ・ダンベルカール」をやりました。
用意したのは5キロのダンベルだけです。
他の筋トレに必要なものは、家にあるもので代用しました。
どの程度筋肉をつけたいかでトレーニング内容が変わります。
詳しくはネットで検索してください。


<時間をかける>
11キロの減量に対して、期間は「1年半」と長めでした。
長期間だったため変化が穏やかで、心身のコンディションを保つことができ、
周囲も安心して体型の変化を見ることができました。
また、急激なダイエットにありがちと言われる「皮膚のたるみ」も回避できました。
徐々に少食に慣らしていくため、強い空腹感もなく、反動の「ドカ食い」も避けられました。


<お金を節約する>
食事は常にお弁当にしたため、外食が減りました。
それまで外食していたことも考えると、月に1万円以上の節約になりました。
ダイエット終了時には15万円以上の節約ができたことになり、
そのお金で新しいサイズの服を買いました。
(市民プールは毎月3千円程度の会費でした)


<生活リズムを維持する>
筋トレは入浴前の20分ででき、プールは仕事が終わった後の時間を使っていたため、
特別に割く時間もなく、仕事と私生活のリズムは変わりませんでした。
仕事の後の女子会に参加すると、夜遅くまで食べ続けてしまうこともありますが、
夜はプールで泳ぐことになったので女子会の参加回数も減り、食べ過ぎることはなくなりました。



◎ダイエット成功後

ダイエット成功後、彼女の人生は大きく変わります。
箇条書きにすると以下のような変化がありました。

・Sサイズの服が入るようになる
・食事の量が減る
・持久力が増える
・瞬発力が増える 
・水着が楽しく着られるようになる
・ダイエットの本質を理解する
・周囲の褒め言葉が社交辞令ではないと信じられるようになる
・以前より自分に自信が持てるようになる
・飲み食い以上の楽しみが見つかるようになる
・プロポーズされる


細いだけではなく、腕のラインにメリハリがあります




写真の女性は、本質的な努力を地道に続けた結果、目標を達成し、
自信と、周囲からの尊敬を得ることができました。
そして・・・マスターのプロポーズを受ける自信も身に付いたんです。
写真の女性、実はアラサーのころのマスターの「妻」です。
ちなみに妻は、2度の出産後も体重を戻しました。
アラフィフになった現在、さすがに体型はそれなりですが、体重は49キロ台をキープしています。


本質的な努力によってダイエットを成功させるのは、本人にとってはもちろん、
周囲にとってもいいことばかりですから、「愛」と言えます。
自分にも周囲にも愛をそそぐことになりますから、その愛は本人に返ってきます。


今、自分の体重を気にしている人は、ちょっと考えてみてください。
筋肉をつけなくてもいいなら、10キロ程度のダイエットは半年で可能です。
もし半年前からダイエットを始めていれば、今、理想の体重になった自分がいるんです。
また、今すぐにダイエットを始めれば、多くの人が、半年後には理想の体重になれるんです。


笑顔で他人に言える体重が、あなたの理想の体重です。
理想の体重になることは、自分を愛するということです。
愛をそそげば必ず返ってきます。


この「ダイエットカテゴリー」では、今後ダイエットの方法だけでなく、
下のような内容を書く予定です。

◎ダイエットとは
◎男性が好む体型
◎なぜ太めは愛されないのか
◎理想の体重とは (すでに上に書いてありますけど)
◎どこまでが幸せ太りか
◎食べ物は?運動は?
◎ちまたのダイエット方法について
◎雑誌やテレビなどの「ダイエット特集」
◎ダイエットが失敗する理由
◎ダイエットを成功させるには

楽しみにしてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。
一日一回、応援のクリックをいただけたら嬉しいです。