2017年1月31日

頑張ればいい?

(読了目安3分)人気ブログランキングへ


「頑張ったならそれでいい、大切なのは結果じゃなくて過程だ」
この言葉、響きが美しいですから、信じたくなるときもあります。

でも、それは子供の世界での話であって、大人の世界では結果も大切です。
むしろ「結果こそ大切」と言ってもいいかもしれません。


料理人がいくら頑張っても、砂糖と塩を間違えたら、お客さんにとっては「ダメ」ですよね。
砂糖と塩を間違えた料理が出てきて、あなたが店員に文句を言ったとき、
「うちは頑張って作ってますから!」
と説明されても、おいしく食べてお金を払う気になれないはずです。


そう、大人の世界では、どれだけ頑張ったかよりも、「結果」が優先されます。


たとえば、「幼稚園児が頑張って作った料理」と、
「プロの料理人がおしゃべりをしながら気軽に作った料理」では、
後者の方がおいしくできます。
みなさんもきっと、お金を払って食べるなら、後者を選ぶはずです。
「頑張ったかどうかより結果が大切」
ということを、みなさん自身も証明しているわけです。


では実際の生活の中でたとえてみましょう。
あなたには、「知恵のある男性をパートナーにしたい」という「望み」があるとします。
その望みを叶えるための第一弾として、「半年で10キロ」のダイエットに挑戦したとします。
「私、10キロのダイエットをしたら彼に告白する・・・」
あなたはとても頑張りましたが、3キロ程度の増減をくりかえしながら5年が過ぎました。


・・・そうなんです。
いくら頑張っても、結果が伴わなければ、知恵のある男性は手に入らないんです。


同様に、悪いクセや否定的な言葉を使うクセを直そうといくら頑張っても、
結果が伴わなければ知恵のある男性は離れていきます。


また、望むものに対して見当違いの努力をしても、
やはり結果は出ませんから、知恵のある男性は離れていきます。
「短距離走の記録更新!」と言いながら、「編み物」の練習をしても、タイムは縮まりません。
努力するなら、本質的な努力が必要です。


知恵のあるパートナーを手に入れるには、ただ頑張るだけではなく、
「結果を出すための本質的な努力」をした上で、しっかり結果を出す必要があります。


「こんなに頑張ってるんだから愛してよ!」ではダメなんです。


頑張るのはとても素晴らしいことですが、
大人の世界では、頑張るだけでは評価されないということを忘れないでください。


次回、知恵のある人になる努力として、女性に身近な「ダイエット」を例に、
「結果を出すための本質的な努力」をして結果を出した女性の話を書きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログランキングに参加しています。
一日一回、応援のクリックをいただけたら嬉しいです。