2017年1月23日

小さな家

(読了目安7分)人気ブログランキングへ


「プライド(自信・誇り)」などについて考えるとき、いつもマスターが思い出す話です。


美しい外見の大きな家が建ち並ぶ分譲地に、一軒だけ小さな家が建てられようとしていました。
周囲からは、「あの夫婦はお金がないから大きな家を建てられないんだ」と思われていました。
だれからも興味をもたれないまま建設は進み、やがてその家は完成しました。


庭を広くとった、かわいらしい、「小さな家」でした。


その夫婦には3人の子供がいました。
各自が広い個室を持つには明らかに小さな家でしたが、
家族の誰もが広い個室を持ちたいとは思いませんでした。
その家が小さかったのは、お金がないからではなく、
家族にとって、その大きさで満足だったからなんです。
広くとった庭は、3人の子供たちの遊び場として充分でした。
夜、その家のそばを通ると、いつも家族の楽しそうな会話が聞こえていました。


あるとき、とても強い台風がきました。
台風が去ると、大きな家の何軒かは、屋根がはがれ、
壁は飛ばされ、家の中まで丸見えになっていました。
丸見えになった外壁と内壁の間には、建設関連の業者が捨てたと思われるタバコの吸殻や、
ビールの空き缶も入っていました。
柱がシロアリに食われていたり、腐っていたり、雑な工事のあともあちこちに見られました。
しかし、「小さな家」は、なにごともなかったかのようにそこにありました。


大雨が何日も続いたことがありました。
雨があがると、屋根の修理を始める家や、大掛かりな地盤調査を始めている家も目立ちました。
雨漏りがあったり、家が傾いたりしたようでした。
しかし「小さな家」は、なにごともなかったかのようにそこにありました。


大きな家で火事がおこったとき、隣の家の壁ギリギリまで大きく建てられた家たちは、
次々に延焼してしまいました。
庭を広くとっている「小さな家」は、なにごともなかったかのようにそこにありました。


あるとき、大きな地震がありました。
倒壊する家が続出しました。
倒壊した家のむき出しになった土台を見ると、手抜き工事をしていることがはっきりわかりました。
しかし「小さな家」は、なにごともなかったかのようにそこにありました。


「小さな家」は、どんな災害にも動じることなく、いつもそこにありました。
「小さな家」の持ち主は、災害があるたびに広い庭を開放し、
近隣住民に避難スペースを提供しました。



30年後・・・



「小さな家」は売りに出され、土地と家を買ったオーナーは、家の解体業者を呼びました。

解体を始めた業者はびっくりします。

その「小さな家」は、家作りに必要な「当たり前のこと」が、丁寧に実践された家だったんです。

地盤を固める作業、基礎作り、防水、防腐、壁、屋根の作りなど、
どこを見ても一切の手抜きをすることなく、ひとつひとつの作業を丁寧に経て作られた家でした。
解体業者は心の中でつぶやきます。
「この家、今後何十年も使える素晴らしい家だ。
なぜ建築業者は手抜きをせず、こんなに丁寧に作ったんだろう・・・」。

解体業者は、家を作った職人たちの「思い」を考えずにはいられませんでした。

実は、「小さな家」を作ったのは、建築業者ではなく、
前のオーナーを中心とした、心でつながる仲間たちでした。
その「小さな家」は、仲間の一人一人が全力を尽くして完成した「プライドの象徴」だったんです。



◎プライドを持つには

「あの人はプライドが高いから傷つきやすいのよね」
なんていう言葉を聞くことがありますが、
本当のプライドとは、「傷つかないもの」です。
上に書いた「小さな家」のように、常に安定したものです。

幼い子供から
「おねえちゃんバカだねえ」
と批判されて動じる成人女性はほとんどいません。
その理由は、子供に対して圧倒的なプライドがあるからです。
しかし、同じことを大人から言われると心が乱れることがあります。
子供から言われても平気なのに大人から言われたら傷つく・・・
これは本物のプライドではなく、「条件付きのプライド」です。
誰からの言葉にも動じないものが「本物のプライド」です。


プライドが傷つくのは、それが条件付きのプライドだからです。
人として根本的な部分に自信を持てていないからです。
「プライド」は、どんな分野の自信であれ、丁寧に積み重ねた努力の上に成り立ちます。
努力を基礎にしない表面的なプライドは、手抜き工事をした「大きな家」のように、
外からの力、つまり、他人の言葉で簡単に崩れます。


人が人として本物のプライドを持つために必要な努力とは、短く書くと、「愛する努力」です。
たとえば、「目を見て元気にあいさつする」とか「約束を守る」「感情的な批判をしない」などです。
「自分がしてもらいたいことを他人にすること」「自分がされたくないことを他人にしないこと」
などと言ってもいいかもしれません。
しかしそんな「当たり前」のことを丁寧にやろうとすると・・・なかなかできないのが現実です。
多くの人が、目先の快楽に飛びつくからです(←みなさん「ダイエット」で経験してませんか?)。


「愛する努力」は、理屈では単純ですが、実践は楽ではありません。
たとえば、料理をしているときの「鼻歌・楽しそうなふるまい・プラス発言」などは、
これからその料理を食べようとする人に対する愛ですが、
体調や気分に左右され、なかなか実践できないのが現実です。
しかしあなたがいつも楽しそうに料理をしていると、ある日パートナーは気付くんです。
「まったくお気楽なもんだねえ・・・ ・・・ ・・・あれ?生理痛とかあるはずなのに
・・・もしかして、あえて元気にふるまってるのか・・・彼女、すごい人だな」
って。


元気にふるまう努力を楽しめるようになれば、たとえパートナーから

「おまえはいつもお気楽でいいよなあ」

なんて言われても動じることなく、

「うん、そうね」

と笑って返せるようになります。


笑って返せれば・・・ほら、それが「本物のプライド」です。


みなさんも、愛する努力を丁寧に積み重ね、ゆるぎないプライドを身につけてください。
「小さな家」のように。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログランキングに参加しています。
一日一回、応援のクリックをいただけたら嬉しいです。